レトロゲームを飾って眺めているだけの男のブログ

ビタミン・ミネラル・重金属・抗生物質・解毒 健康情報ネタ

これまで記事にしてきた健康情報ネタをまとめました。ある意味、自分用の記事です。

 

 


では、レッツ・スタート!😺

 

 

 

塩・マグネシウム


この雪塩は私もアマゾンで購入しております。安くて美味です。ぬちまーすもお勧めですが高価なので、長く続けていくなら雪塩がお勧め。ぺろぺろ舐めるだけでも美味しいだよ😙

 


人類には動脈と静脈の2本の血管がある。動脈は心臓から全身に向けて血液を送り、静脈は心臓に血液を送り戻す。動脈には筋肉があるが静脈には無い。動脈の筋肉はポンプの働きをして収縮しながら血液を循環させる。

 


私は一時期、ふくらはぎが頻繁に攣っておりました。不安感、不眠もそうです。イライラもありました。大切な人に酷く当たってしまった時、私は明らかにMg不足でした。何故かと言えば、私の部屋は電磁界レベルが基準値を常に上回っております(EMFテスターで調査済み)。電磁波はミネラルを強烈に消費します。

今、私はNOWのMgサプリを800~1200mg摂取しています。天日塩もたっぷり摂取するようになりました。足が攣ることがなくなり、不眠どころか夜になるとしっかり眠くなります。マグネシウムは超重要です。ぜひぜひ、皆さまもにがりやサプリを摂取してみましょう。

 


こうやって見ていると、マグネシウムは本当に重要であることが分かります。

 




長崎の原爆爆心地付近で病院長として勤め、自らも被爆した秋月辰一郎医師は、玄米、天日塩、味噌、ワカメを患者やスタッフたちにしっかり食べさせる指導を行ったことで、多くの人たちの命を救った。食卓塩みたいなNa純度99.9%の毒はあかんぜよ。1番は天日塩。次いで各種天然塩。

天日塩や天然塩には海のミネラルが凝縮されております。ミネラルの中にはヨウ素もたっぷり含まれており被爆者を自然治癒に導いていたのです。それ以外にも各種ミネラルは原爆症改善において重要です。玄米も同様にミネラルの宝庫です。

これに関係なく、私は天日塩を大量に摂取しております。無添加八丁味噌の味噌汁にも黒糖と天日塩をどさっと入れます。その為、私は濃い味付けに慣れてしまいました。前に両親の朝食に味噌汁を作ったのですが、私の感覚で作ると「味が濃い、からい」と言われました。両親は、医師の指導通りに減塩ばかりしていますからねえ。

私は、小腹が空いた時の為に生のピーナッツを置いてあります。未加工の生だと安いのでごぜます。これをコンベクションオーブンで軽く炙り、天日塩とピンク岩塩をたっぷりかけて食べます。ピュアココアにも天日塩を入れます。そのまま塩だけを舐める時もあります。私は、厚労省基準で言えば完全に塩分過多で危険扱いでしょう。

しかし、不健康どころか健康だし浮腫みもなんもおません。国や医療・製薬業界が進める減塩など、病人を作り出す為の嘘です。彼らの商業目的の政策です。天日塩をしっかり摂れば病気などしない。そして白米をやめて玄米、三分づき米、五分づき米を食べる。

 


味噌も放射線から守ってくれる効果があるんや!これは知らなかった。5G放射線被ばくから身を守るには、塩、味噌がええってことか😳

 


これ美味しそうやな、今度やってみようかな

 


梅干しを1日1個。これを食べておけば病気知らず。そしてアミグダリンが癌細胞を消してくれます。アミグダリンはかつてビタミンB17として必須栄養素に指定されていました。

西洋医学が医療を支配した後、アミグダリンに抗がん作用があることが研究で判明しつつありました。その途端、圧力で研究を潰し、抗がん作用など無いという結果にすり替え、ビタミンB17は不要な成分であるとしてビタミンから除外。B17という必須成分から外されたのです。

さらに、アミグダリンが豊富に含まれるスモモ、杏子、枇杷、梅などの種子は食用禁止となりました。調べてみてください。これらの種子を食用として販売してはならないとなっているはずです。

しかし、昔から滋賀県などでは琵琶の種子を焼いたり煮たりして食べてきた歴史があるなど毒でも何でもありません。つまり、西洋医学にとってアミグダリンは不都合な存在ということです。

 

 

ホウ素・ミネラル不足・虫歯編

私は今、ホウ砂を飲料水や味噌汁に混ぜて飲んでいます。私に関しては、特に関節痛や皮膚炎の症状は無い為、その効果は今のところ分かりません。

で、酷い皮膚炎と関節炎に悩む近所のわんこのことを以前に書きました。MSMを服用させて関節炎は改善に向かいつつありますが、皮膚炎は相変わらず酷い状態で、悲鳴をあげながら全身を掻き回っているとのことでした。深夜も頻繁に掻いているほどだそうです。

10日ほど前、ホウ砂とマグネシウムを飼い主に少しおすそ分けして、わんこの飲み水に定期的に混ぜてもらいました。食事改善等は特に関与しておりません。今朝、遭遇したので聞いてみたところ、痒がったり掻く回数がかなり減ったとのこと。MSMと比べても、その効果を大きく実感できているという回答を得られました。

 


私が服用しているホウ砂はこちらです。ドラッグストアやアマゾンなどで安価で販売されています。マグネシウムとの併用は単に個人的な判断ですが、結果としてわんこの皮膚炎改善に一役買っていると思います。

近年はホウ素欠乏の人が多いといいます。調べていくと、どうも添加物や砂糖などの代謝などで消費されてしまうことが関連しているみたいです。で、必須ミネラルであるホウ素が欠乏すると骨や歯が脆くなるほか、認知症など脳機能にも影響が出てくるとのこと。

また、体内のpHにも大きく影響してくる為、酸化・炎症・糖化にも関わってきます。ホウ素やマグネシウムなど必須ミネラルはアルカリに戻す性質がある為、不足すると病気にも繋がってくるのです。

 






私も色々と考えてきた結果、この結論に辿り着いた。白米や砂糖を食べだした江戸後期から虫歯が増え始めますが、白米や白砂糖(舶来品として流通)といった精製された糖質は、ご存じの通り体を酸化させ糖化させます。

白米や砂糖を頻繁に食べた者たちが脚気に悩まされたとありますが、これは代謝時にビタミンB1を消費する他、体が酸化することで起こることが論文で明記されています。つまり、虫歯が流行りだした江戸後期、人々は身体を酸性に傾かせる食生活を始めていたと考えられる訳です。

そこで私は朝起きたら、体をアルカリ性に戻す為に重曹水を一杯。寝る前も一杯。また、アルカリ性食品である天日塩を多く摂取し、白米や精製糖は摂取せず、糖質は三分づき米や黒糖に限定するように心掛けました。すると痛みなどが消えました。以降、ずっと痛み出すことなく今に至ります。

 





歯科治療はあまり受けないほうが良さそうです。なにより怖いのが、歯科用麻酔に酸化グラフェンが含まれていることが確定的となっている点です。そしてオイルプリングは歴史があり効果抜群であることも事実です。

 


カントンの犬実験で、血液を抜き取られて海水を注入された犬がどうして元気になったのでしょう?海水には豊富なミネラルが含まれています。血液中の成分も同様です。地球の生命に流れる血液は海の成分と極めて酷似しています。私たちは元々、海から誕生したのですから。

ミネラルが欠乏するということは体が不調となり、深刻になると重大な病を招き命にも関わってくるのです。ところが現代人は加工食品ばかりを食べてミネラルを常に消耗しています。もっと海藻、魚介類、野菜、果物を食べましょう。

 



ミネラルの欠乏は、体調不良や目に見える身体症状(抜け毛、肌荒れ、ニキビ、アレルギー、さらには虫歯まで!)だけではなく、思考力の低下や精神症状まで引き起こしてしまうのです。

これを防ぐ最も手軽な方法は天日塩を食せばよいのです。厚労省の基準が1日7g前後だったと思いますが、私は天日塩やピンク岩塩をたっぷり使っており、恐らく1日10gを超えているかと。時々ぺろぺろ舐めておりますし。

 


ストレスで亜鉛が大量に消費される・・・😢

 


電磁波は本当に体にとって害でしかない。

 


亜鉛も重要な必須ミネラルの1つ。蕎麦やハイカカオチョコレート、ピュアココアにも亜鉛が豊富に含まれている為、私は恐らく不足はしていないかと思います。亜鉛に限らず、ホウ素然りマグネシウム然りミネラルは欠かすことが出来ません。

 


マグネシウムミトコンドリア有酸素運動、つまり正常に活動させるエネルギーにも関与している。私たちの身体は数十兆個の細胞(近年は70兆個とも言われている)で形成されており、その1つ1つにミトコンドリアが存在しています。真核生物と呼ばれる生物は皆そうですよね。

ミトコンドリアは、生物におけるエネルギー生産工場とよく例えられます。ミトちゃんが元気だと、生物のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)が常時生産される。

元気がない人、例えばうつ病であったり心身が病弱な人は、基本的にATP不足とも言われております。1つの病理症状は1つだけの要因ではなく、様々な要因が複雑に絡んでいるということですなあ。

ATP生産工場であるミトコンドリアの活動にマグネシウムは必要不可欠です。Mgが酵素反応に必要不可欠な成分の1つであり、要するに工場の稼働に必要な燃料の1つという訳です。夏バテが起こる原因の1つは、汗を多量にかくことでMgを消耗し、ミトコンドリアが機能低下を起こす為です。

一方、ミトコンドリアが正常に機能してATPをたくさん生産すると、同時に老化原因物質である活性酸素を排出します。工場が稼働して二酸化炭素を排出している状態です。これが細胞劣化を招き、老化促進や癌の発現などに繋がります。そこでコエンザイムQ10など体内で生成される抗酸化物質が相殺してくれるように出来ています。

 


食事を整えるのが面倒な人は、一番手軽な方法として、完全栄養食と言える玄米を食べるか分づき米(3分づき~5分づき)を食べておけば栄養欠乏になることはないだよ。それでも栄養が不足していると感じたらサプリを上手く活用しましょう。

 

 

自己免疫疾患編



髪の毛は神経の延長であり、周りの環境から読み取ったメラニン神経伝達物質を皮膚に戻す働きがある。直感なども髪の毛がアンテナとなって機能する。ぞわっと毛が逆立つ感覚も然り。猫などが毛を逆立てる時も同様。

そして、毛髪や体毛は毒素排出器官としての役割も果たす。毛髪が抗癌剤で抜けてしまう理由は、如何に抗癌剤が劇毒であるか、ということ。

 


これは、あらゆる病に共通することです。皮膚炎も、関節炎も、すべては体の酸化、炎症が招いているのです。炎症とは、細胞が一生懸命に毒を排出している時に起こる症状です。

 


梅干しの種はアミグダリン(ビタミンB17)が豊富に含まれています。すもも、杏子、枇杷の種にも豊富に含まれています。琵琶や梅の種は猛毒だから食べるな!と農林水産省が必死にデマを流しているでしょう。何故か分かりますか?昔から癌を始め、様々な病の特効薬としてアミグダリンを含む種子が使われてきたからです。なるほど、リュウマチにも効果アリか🙄

また、温泉がリュウマチ治療に効果がある理由は何故か分かりますか?温泉は火山の硫黄成分とミネラル、特にホウ素が豊富に含まれています。火山の硫黄成分と言えば、そうです、MSMです。そして、ホウ素はホウ砂で摂取できます。どちらも私が毎日服用している成分です。

 

 

甲状腺機能低下編


甲状腺機能低下症の人は、下手に制限などせず食べたいものはしっかり食べる方がいいのでしょう。私も甲状腺機能が低下しており未だ酷い末端冷え性だから栄養をしっかり摂らなきゃ😰

 


こういうこと。ヨードは必須ミネラルの1つです。ヨウ素には129や131といった種類が存在しますが作用機序は基本的に同じ・・・だったと思います。

311でフクイチがメルトダウンを起こした時、ヨード内服薬(ヨウ素)を配布するか否かという報道があったと思います。ヨウ素β線γ線を緩やかに放射する天然放射性物質でもあります。その為、放射線治療にも用いられます。

日本人がかつて癌が非常に少なかった理由の1つは、海藻類を日常的に多く摂取していた為です。定期的に発生する癌細胞に対して、海藻由来のヨウ素放射線を浴びせることで癌を自然に消滅させていたのです。

特に日本人は昆布を使って出汁をとったり、昆布の佃煮などをよく食べていたでしょう。海藻類の中でも昆布のヨウ素含有量は飛び抜けて豊富です。よって、味噌汁、鍋などで昆布出汁を日常的に摂取していた昔の人は癌知らずだったという訳です。

 

 

解毒・天然成分その他編


これらの他に、野菜であれば小松菜が解毒作用のスコアが最も高かったと記憶しております。あと、ブロッコリースーパースプラウトなどもお勧め。

 


ハーブとかええねんなあ😀

 


デトックス最強食材、海藻に混じってスギナが2位にランクイン。つくしではなくスギナがいいみたいですなあ。スギナ茶など売っているので、海藻を食べない人はスギナ茶など如何でしょう。

 


やはりNACは重要ですなあ。

 


1日1食~2食はええでっしゃろ。私がやっていることは「健康」で長生きの為に重要なことばかり。

 



西洋医学における病気と呼ばれる症状は、体が毒を排出している作業のことを指します。体が自然治癒している時に発熱や下痢や頭痛など様々な症状が出るのです。それを薬で抑えてしまうと、治りが遅くなるうえに毒が残ったままになります。だからぶり返すのです。

昔から、熱が出たら下手に下げずにそのままにしておいたほうが治りが早いと言われてきたでしょう。解熱したら、体の作用に逆らうことになるから当然でございます。

 


コーヒーは健康に良い。しかし、一般的なインスタント、ドリップ、コンビニ、スタバなどのコーヒーは要注意。輸入の長旅の際、豆にカビが発生している確率が高く、選別作業も特に行われないまま挽かれていることが殆どであると健康系書籍などで多く指摘されています。コーヒーの健康効果よりもカビ毒のリスクのほうが大きいという。

よって、きちんと選別されているコーヒーか、或いは国産コーヒー豆から作られたものを購入することがポイントとなる、とのこと。

 

 

電磁波・アーシング


5Gなど電磁波、音もそう。素粒子の波は私たちの目にはなにも見えなくても、細胞1つ1つには振動して伝わっている。だから5Gを常時浴びることでコロナとされる症状が現れる。ウイルス感染症なるものは病原体ではなく電磁波が生み出している。

音による波長と振動も私たちの細胞に大きな影響を与えます。〇〇ヘルツのヒーリング音楽などは、聴く側の人間にとってつまらないと感じたとしても、細胞にとって心地よいレベルを計算して作られているのです。

精神に働きかける一般的な音楽と、細胞に働きかける為に計算された音楽は、同じ音楽でありながら似て非なるものと言えるのかもしれません。植物にモーツァルト似非科学ではないのです。

 


化学物質、電磁波が現代における病の主な原因である。それに対抗する為には抗酸化物質を多く摂取する必要があります。準完全栄養食のサツマイモ以上に紫芋がお勧めである理由は、サツマイモの栄養に加えてポリフェノールが非常に豊富で抗酸化作用が強力だからです。

そして、もう1つ、現代人が病気になる大きな原因は長期的な感情的ストレスです。ストレスを長期的に抱えると、病気や老化の原因となるフリーラジカル活性酸素)を大量に発生させます。

 

私たち生物の体には全身に磁気体が存在しております。我々はある意味、天然の電気によって動いている自然界のロボットとも言えるのです。よって、地球の地層奥深く(内外核マントル)から発せられる電子(電気)を定期的に充電しなくてはなりません。

ところが現代は、家電製品全般、スマホ、スマートガジェット、PC、車、スマートメーター等々から発せられる電磁波を浴びるだけではなく、それらが地球から発せられる電子を奪い取ってしまいます。現代人は電力欠乏状態なのです。充電しなきゃ😰

その結果、フリーラジカル活性酸素)が体中に蔓延して慢性炎症と酸化を招きます。これがテロメアをどんどん短くして病気や老化を招くのです。

土に触れる、木に触れる、寺や神社などにある大きな石に触れることがどうして体に良いのか。ざっくり単純に言えば大地から電力を充電する為です。そして、家電製品などから電磁波を浴びて人工的な電気を帯電している場合、放電できる。それがアーシングでございます。家庭菜園は体にええだべよ。

 

 

重金属の害編


帯状疱疹が治りかけの時にバンドエイドで封印してしまっていたよ!せっかく化学物質をなるべく避けることを心掛けていたのに、まさかバンドエイドから永久化学物質であるPFASを経皮吸収していただなんて・・・ちょっと酷すぎん?😰

 


ユニクロ西松屋しまむらといった安価な衣服チェーンの製品は危ない可能性があるかもしれませんね・・・そりゃそうか、安かろう悪かろうか。

 


グリホサートは大規模商業展開している農家が主に使用している除草剤で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じ。

アルミニウムはマグロなど大型海水魚に多く含まれるほか、アルミホイル、各種ワクチンのアジュバント(増幅剤)としても使われております。ミトコンドリア機能障害を引き起こす他、脳に多く蓄積して精神神経疾患、発達障害アルツハイマー認知症に大きく関与します。

 


そして今、日本人の多くがワクチン接種により松果体を破壊された訳です。

 


フッ素が松果体を石灰化させる問題については、当方も輪廻転生に関する記事で触れております。水道水、歯磨き粉等々・・・私たちは半ば強制的にフッ素を摂取させられております。こうして大衆は幼少期から松果体の機能を失ってしまうのです。

テフロンなどのコーティングフライパンはフッ素原子が含まれており、調理の際に分解ガスとして周囲に飛散するとする説もあります。実際、化学物質を検知するテスターをテフロン加工フライパンによる調理中に近付けると、何らかの化学物質を検知して反応することから分解ガスが発せられているのでしょう。

松果体が機能低下すると、直感力、思考力、判断力などが著しく低下します。また、暗黒物質が運ぶ「何らかの情報」も感じることが出来なくなるでしょう。かつて古代人は、宇宙から流れてくる情報を「神の啓示」として直感的に感じ取ることで、それに従い生きていました。シャーマニズムなどもその一種かと。

 


飛行機の排ガスから噴出される化学物質【ケムトレイル】にはアルミニウムなど重金属が含まれております。これが土壌に蓄積していくのです。防ぎようがありません。だから解毒が大切なのです。

 



メチル水銀は微量であっても、脳の細胞組織はその量に応じて破壊される。何ら症状が無いからといって脳が損傷を受けていない訳ではない。脳は他の臓器と異なり、「補償機能」といって、破壊されずに残った細胞が代行を始めるからである。

脳はそのような機能を持っている。その結果、脳は破壊された細胞の墓場と化しながら脳全体の機能としては見かけ上正常な機能を維持する。

脳は、「補償機能」が追い付かなくなった時、頭痛や筆記障害、いらいら、集中力障害などの「高次脳機能障害」、子供では「学習障害」(LD)などを発症する。「学習障害」とは、全体として知的発達に遅れは無いが、聞く、話す、読む、書く、計算する、あるいは推論する能力などの習得がなかなかできない。そのような症状を指している。

米国合同委員会によると、学習障害は、家庭環境や教育環境などによるものではなく、脳の発達の初期の段階で何らかの原因によって細胞組織に生じた障害である。特に胎児の脳は繊細であり、微量のメチル水銀によって細胞が破壊されやすい。母親の毛髪水銀濃度が1.2ppm(1.2mcg)程度でも、胎児の脳の中枢神経には障害が起きることがある。

これは恐ろしい・・・魚と言っても小型のイワシ、アジ、サバなどは問題ないけど、マグロ、カジキなど大型魚を食べることはなるべく控えたほうがよいかと。

脳の補償機能は、脳梗塞患者など脳細胞が部分的に死滅した人でも確認できます。右脳が死滅しても、残った左脳が右脳の機能を補おうとするのです。脳に何らかのダメージを負い障害が現れた人が、手術からリハビリにどれだけ早く取り組むかで回復率は大きく異なってきます。

補償機能が働いている(早期の)うちにリハビリを行うことで回復率が高くなります。逆に、リハビリ開始が遅いほど脳が安定化してしまい回復不可能になります。しかしながら、水銀など重金属による脳へのダメージでも補償機能が作動し、それが機能しなくなると神経障害による発達障害の症状が現れるとは・・・。

 


電磁波は実害が多い。日本は意図的に電磁波の害を隠しています。だから多くの人が5G基地局に警戒心を抱かず、5Gスマホを喜んで手にしている。

 


なんと、重金属がATP生産を妨げてしまう。これは初めて知りました。アルミホイルを頻繁に調理に使用している方は出来ればすぐに使用をやめましょう。アルミニウムが食品にくっついて、多量のアルミニウムを摂取することに繋がってしまうとのこと。

 


これは重要です。で、何をしても体調不良の人は、まずストレスが最大の原因と考えるべきです。例えば、体調を整える為に嫌いなものを無理やり食べてストレスを抱えたり、無理に行いストレスを抱えることは全てにおいて逆効果となります。

なお、重金属や電磁波は発達障害とも関係があります。

 

 

発達障害


アンディ・カウフマン医師(Dr. Andy Kaufman):

ADHDという障害は完全にでっち上げです。ADHDは要するに薬を売る為の戦略なのです。

トム・カウワン医師には面白い逸話があり、ADHDの症状の基準の1つである過剰なタッピング(手の指を常に動かしたり机をトントンと叩くなどの動作)について、「叩く回数が何回目からだと過剰になるのか?」と専門医に尋ねたことがあるそうです。ここからも、これが如何に恣意的かというが分かります。

私が精神科医だった頃、子供や大人もADHDと診断されるケースがありました。ところが、子供たちは薬を飲んでもいないのに、お気に入りのテレビゲームがあると4時間ぶっ続けで遊んでいるのですよ。

彼らは、学校では「問題行動(集中力の欠如)を起こす」としてADHDだと言われるのですが、1つのことで集中し続けることが出来れば、他のことでも集中することが可能なのです。これは注意力の問題ではありません。

 


以前にブログで何度か書いたことがありますが、ある地域の小児科医が、精神疾患発達障害不登校の問題を抱える子供の家庭の生活環境を調査したところ、ほぼ全ての家庭で親の生活習慣が乱れていることが判明。

例えば、親の就寝時間が遅い、食事を疎かにしているなど。子供の生活習慣は親に準ずる。調査の結果、これらの問題を抱える児童がいる家庭の殆どが、朝食が菓子パンやインスタント食品などが主であり、夕食も加工食品が多いことが判明しました。

調査した医師は、親に対して食事と生活習慣の改善を徹底指導した結果、ほぼ全ての児童が1ヶ月ほどで状態改善して登校するようになったと報告しておりました。これは10年ほど前に実際に報告されていたのですが、前のブログを削除してしまいURLを失念してしまいました。

これらから分かることは、明らかに別の主要因(長期虐待やパンチドランカー等々)がある場合を除き、通常の精神疾患発達障害は添加物や化学物質によって神経伝達に問題が生じている神経障害であるということです。コンサータやら変な薬など効果も無ければ害しかありません。

 

 

 

抗生物質の毒性編


抗生物質は腸内環境を壊滅させま。よほどの事態でもない限り、あのような劇薬を服用すべきではないのです。ただし、イベルメクチンは腸内環境にダメージを与えることなく、逆に環境を整える効果があることが研究で判明しています。

また、消毒液や一般的なシャンプーなどは殺菌作用が強く、これまた皮膚に存在する常在菌を殺してしまいます。綺麗に洗っているつもりが自ら肌を破壊しているのです。私はしゃぼん玉石鹸シャンプーを使用しています。手洗いはトイレの時以外は殆どしません。トイレの後だけは石鹸で手洗いしないと気持ち悪い。

 


人間とバクテリアは共生しているにも関わらず、菌は汚い、ばい菌だ、などと人々は忌み嫌います。医療という巨大な詐欺に洗脳されているということです。

 


スペイン風邪なる詐病アスピリンの多用が生み出した。現代人の抗生物質大量摂取が今の病を生み出している。

 

このカルト宗教殺人事件をご存じでしょうか。

高血圧症で悩む関根君子さん(45歳)がいた。彼女は江藤に言われるがまま薬を止めて祈祷をうけると、症状が軽くなったという。

とあります。【薬を止めさせたら症状が軽くなった】・・・どうですか。この犯人は、病気で悩む人たちに薬の服用をやめさせることで症状を改善させ、祈祷のパワーだと信じ込ませていたみたいです。医師が処方する薬が如何に毒であるか、よく分かるエピソードです。

 

 

病は気から!プラシーボ編


なるほど。常にポジティブな人には意識レベルが高い人が集まりやすいという、ある種の引き寄せの法則は科学レベルで証明されているということでしょう。ネガティブは駄目だ。

 


ポジティブ思考は病気をも治してしまう。病は気から、という古くからの言い伝えは嘘ではないのです。「治っちゃったかも」と思うことで身体(細胞)が自身を修復する為の情報を伝達することになる。

これは即ち、核酸修復機能でありメッセンジャーでもあるエクソソームの働きのことでは?エクソソームは、細胞が現在の情報を他の細胞たちに伝達する為に分泌される物質です。身体の一部に問題が生じれば、それを修正すべく情報が入ったエクソソームを分泌し、全体の細胞たちに伝えていきます。問題に合わせて修復するよう信号を出すのです。そして毒素を排出するなど対処する為に炎症が起こります。

 


コロナのCGはエクソソームとそっくりでしょう。スパイクタンパクの特徴とされる突起まで瓜二つ。つまり、ウイルス学者がコロナと言っている物質の正体はエクソソームです。エクソソームは情報を全身の細胞に伝達して修復の為に炎症を発現させる。これをウイルス学者はウイルス感染による感染症発症と話をすり替えているのです。

コロナパンデミックはどうして起こったか。そして、人はどうして集団で病気を引き起こすことがあるのか。私の中で大体の結論が出ました。

 


要は集団ヒステリーです。あらゆる病気は基本、強いストレスによる炎症が引き起こします。

謎の伝染病が流行ると、皆、不安と恐怖で強いストレスを抱える訳でしょう。結局、中世から人間は同じことをやっているのです。嘘の感染症で恐怖を煽り、大衆をコントロールしてきた。次はなんでしょうね。未だ分離できない【はしか】?

免疫なども似非医学が生み出した嘘の概念と言えます。高熱、嘔吐、下痢、性病・・・病気と呼ばれる症状とは、細胞がエクソソームを放ち自己修復を促した結果です。毒素を排出している最中だから症状が現れる。

シンプルに考えると、これで全ての点と点が線で繋がります。今まで複雑なシステムの下で免疫細胞が治していると考えてきましたが、どうにも納得できない点がありました。これでスッキリです。免疫システムも含めて嘘だらけ。野生動物たちが教えてくれているではないですか。難しい専門用語を並べて複雑に考える必要はありません。彼らは医療など無くても健康に生きている。

 

以上です。随時追記するかもしれません😺