レトロゲームを飾って眺めているだけの男のブログ

単なる独り言 2023年12月 幼少期の虐待は治療できない

もうすぐ楽しいクリスマス。この季節のあの定番曲を、フリー素材クリスマス動画に乗せてお楽しみください😍⛄

 

 

■12/10


今年もクリスマス関連のアルバムを引っ張り出す時期が来た。残りの人生、クリスマスをあと何回、生きて迎えられるだろうか。

多くの人は旅立ちへのカウントダウンが始まっていると私は思っている。緩やかに、そっと死への誘いが訪れる。その為の仕込みが多くの日本国民に完了した。5年も経てば全ての世代で減っているだろう。

突然死やターボ癌ばかりに目が向くように誘導されているが、mRNA、レプリコン、不活化に限らず、あらゆるワクチンの成分にはどういったものが含まれているかを調べていけば、なぜ、接種者ほど病気に罹るかという謎をすぐに理解することが出来るだろう。

例えばVLPワクチンには、ウイルスの表面のタンパク質に似せて造ったとされる「ウイルス様粒子」を始め、界面活性剤ポリソルベート80やアルミニウムなど添加物が多く使用されている。

あらゆるウイルスは存在証明がなく、単離化した記録や論文も一切存在しない。にも関わらず、ウイルスに似せたタンパク質の表面とは何だろう?適当に作ったんか?ChatGPTとイラスト生成AIに作ってもろたとか?🙄


多くの人はエビデンスを有難がるくせに、確かなエビデンスが一切存在しないウイルスをどうして頑なに信じ込むのだろうか。結局、刷り込まれた「偽りの常識」を取り外せない人だらけだ。自分が信じる情報ばかりを無条件に受け入れ、異なる情報は拒絶する。偏った思考しか出来ない人だらけだ。

ワクチンはそもそも薬ですらない。ウイルスでも何でもない遅効性の病原物質を、適度に程よく人々の体内に定期的に仕込む為に開発されたものがワクチンである。その為にはウイルスという病原体が存在するという設定が必要である。

こう書くと、多くの人は決まって条件反射で陰謀論者と決めつけてくる。では、ウイルスの純粋化に成功したという得意のエビデンスを示して欲しい。コッホの原則に基づき分離したという論文を見せて欲しい。当然だが、対象実験を経ているものを頼む。

それが出来ないにも関わらず、ウイルスの存在を盲信して陰謀論扱いをするのは、権力側の手のひらで踊らされている証拠である。無自覚に精神支配されているのだ。陰謀論という単語は、100年前にCIAと石油王J.D.ロックフェラーが大衆コントロールの為に作り広められたものである。

結局のところ、統一教会創価学会を批判している大衆自身も洗脳されていることに気付いていない。同じ穴のむじなだ。

マスク強要も、消毒・手洗いも、自粛も、全てはエビデンスが存在しない非科学的な洗脳である。それを科学界が推し進めたということへの危機意識を持たない者が多過ぎる。だから日本は選ばれたのだ。壮大なる人体実験場として。

 

 

■12/9


街中は素敵なイルミネーションに包まれてすっかりクリスマスムード一色でございます。私も部屋に小型クリスマスツリーとLEDライトを飾り付けて、今年はひとり静かなボッチクリスマスを楽しみたいと思います😊🎄

つい先日、大切な存在だった人から久々に連絡が着て(2ヵ月ぶりくらいかな)、深夜遅くまで5時間くらい話し込んでおりました。互いにわだかまりが残ったままで崩壊してしまったけど、私も反省すべきところが多々あるので謝罪をして、色々と話して互いに気分的にすっきりしたという感じでござんした。

完全に縁が切れた訳ではなく、やり残したことがまだある。生きる気力を失っている彼女の為にも、一刻も早く重荷を1つでも取り払ってあげたい。あとは私自身のステップアップも頑張らないといけねえ。寂しいとか孤独を感じている暇はおまへん。


個人的に悔いが残っている点は、彼女の体調がどんどん悪化していく中で、根本的な原因に回帰することを忘れて分子栄養学に偏り過ぎてしまったことだ。彼女の体調が悪化の一途を辿る最大の要因は、この記事で取り上げている問題である。幼少期に受けた脳への影響は一生涯、癒すことは出来ない。

少し話が逸れるが、嘘まみれのウイルス学で取り上げている通り、ウイルス学者たち曰くウイルスと称している物質の正体は細胞から分泌された悪性化エクソソームである。病原性のウイルスではない。

ウイルス分離プロセスにおいて、牛の胎児の血清、トリス溶液(緩衝材・劇薬指定)、VERO細胞、ストレプトマイシンアスピリンなどを用いる理由は、細胞に強烈なストレス負荷をかけて炎症を引き起こし、エクソソームを分泌させる為である。ウイルス学者たちは、エクソソームを見て「ウイルスです」と喜んでいるのである。アホじゃあ🤣


生物が様々な病気になる仕組みは、細胞へのストレスと炎症という共通プロセスがある。例えば食品に含まれる毒性物質(添加物やグルテン等)が細胞に蓄積していくことで慢性炎症からアレルギー疾患や自己免疫疾患に繋がるし、有機金属類を蓄積することで炎症性の神経炎を引き起こして精神疾患水俣病に繋がる。

少量の程よい毒物を摂取することは、細胞(腎臓・肝臓を含む)に適度なストレス負荷をかけてストレス耐性を生み出す他、代謝機能が向上する。第7の栄養素と呼ばれるフィトケミカル(毒性)によるこれらの効果をホルミシス効果と呼ぶが、添加物やグルテンでも同様に少量をたまに摂ることで鍛えられると私は考えている。

人間関係におけるストレスも同様であり、甘やかされて育つとストレス耐性が全く鍛えられず、すぐにメンタルがやられたり現実逃避をする悪癖がついたロクでもない大人になってしまう。親や先生と言った大人に適度に叱られ、友達と喧嘩をして人はストレス耐性を身につけて社会に順応していくのだ。

つまり、適度なストレスは生物として必須だが、過度なストレスを受けると様々な病気を発症してしまうのである。精神面に限ったことではなく、現代人は食やマイクロ波といった細胞へのストレスが常にかかっている。病原体ではなく環境要因が病を引き起こしているのである。感染とはエクソソームを取り込むことである。


ここでようやく大切な存在だった女性の話に戻るが、彼女は幼少期から虐待を受け続けて育った。常に強烈なストレスを抱えたことで、アレルギー疾患、自己免疫疾患、甲状腺機能低下など様々な症状に若くして苦しんできた。これらもストレスと炎症というプロセスを経て発症している。

また、ストレスにより左脳の発達に影響が出ていると考えられ、感情のコントロールが不安定である他、神経伝達物質の生合成バランスが極めて悪く、ネガティブな感情が常に優位になっている。これはサプリなどで外部から不足する物質を補充しても解決しない問題である。

成人後の精神的トラウマと異なり、幼少期の強いストレスと炎症が心身に与える影響は一生涯であり取り返しがつかない。悲しいことに、回復の手立てがないのである。唯一、可能性があるとするならば、イーロン・マスクが開発に取り組んでいるニューラリンクだろうか。


で、私は彼女の幼少期のトラウマを、ビタミンB6やB12、クルクミン、アデノシン三リン酸、NAC、イベルメクチンなどで解決しようと試みた。しかし、今考えると全く以って無駄なことを行っていた。前述の通り、外部から神経伝達物質や栄養素を取り入れて治るような単純な問題ではなかったのだ。

当時の私は知識がなく、彼女のうつ病を栄養不足、腸の機能低下、脳の慢性炎症、神経伝達物質のバランスの問題だと単純に考えてしまった。分子栄養学とオーソモレキュラーに基づき、サプリを色々と服用してもらった。しかし、解決どころか症状は少しずつ悪化していった。逆効果という意味ではなく単純に無駄だったのだ。

私に出来ることは、少しでも彼女からあらゆるストレス要因を取り除く、これだけだった。他に何をしようとも、幼少期に受けた傷と脳への影響を改善することは不可能である。虐待などトラウマ治療は、成人後に受けたケースしか回復例は示されていない。


彼女が徐々に精神を病み弱っていくのを食い止めることも、改善も出来なかった。専門家ですら無理なのだから当然といえばそうだが悔しくて仕方がない。それも、方向性自体が思い切り誤っていたのだからね。栄養学など学んでも無駄だよ。生物は個体差、環境によりけりであり、一律で語ることなど出来ない。

元気にしてみせるという、彼女のお母様との約束も果たせなかった。申し訳ない気持ちと後悔ばかりだ。私の人生は失敗と後悔だらけだ。まあ、振り返ってばかりしていても仕方がない。しかし、依存性毒薬である向精神薬ではなく別の良いものはないだろうか。

こういう苦しみを抱える人にこそ医療大麻を解禁すべきだよな。CBDでは駄目なんだ。THCは脳関門を突破して、炎症で機能低下している脳全体を回復させる。幼少期のトラウマを改善させる可能性だってあるんだ!他人の痛み苦しみが分からない連中が、正義を気取って薬物反対と叫び、医療大麻を潰しにかかっていることに怒りを禁じえない。

 

 

■12/1


1年が過ぎるのが本当に早いですなあ。1年前の今頃は代行で忙しく、月末には知人の親族(ワク接種者)がコロナに感染して高熱が出たと連絡があり、リポソームグルタチオンなどを送り飲むように指示していたような。

正確にはコロナウイルスに感染ではなく、接種したことで脂質ナノ粒子に包まれたmRNAが接種者の細胞に取り込まれた後、リバーストランスクリプション(逆転写)を引き起こす。

mRNAにコードされているスパイクタンパク質を始めとした生物兵器や病原体が接種者の体内で生産されて様々な病気や突然死を引き起こす。しかし、このようなことを説明しても誰も信じてくれないので、相手に合わせてコロナ感染と言っている。そうしないと話が通じないし進まねェ😑


で、今話題のレプリコンワクチンなるものは、新たにトランスフェクション技術を用いている。これがまた厄介な代物だぞ。トランスフェクションと逆転写の違いは、大体こんな感じかと。勉強不足で間違っていたらごめんちゃい🙏


トランスフェクション
は、外部からDNA、RNA、またはタンパク質を細胞に導入するプロセスで、この手法は遺伝子導入や細胞への新しい情報の導入に利用される。特定の遺伝子を発現させたり、異なる細胞内プロセスに影響を与える。

今回のレプリコンワクチンの場合、接種者の細胞内に組み込まれたスパイクタンパク質由来のRNAから、miRNA含有エクソソームを産生する。エクソソーム=ウイルスであり細胞に感染していく。miRNAには神経障害物質や癌発現因子が組み込まれている、という風の噂。

逆転写は、逆転写酵素を使用してRNAをDNAに変換するプロセスである。接種者の細胞にSタンパク由来DNAをRNAを逆転写し、RNA→mRNA→DNAに変換する。逆転写された細胞は終末コドンが意図的に除去されており、半永久的に体内でSタンパクを生産し続けるという研究が出ている。


要するに、トランスフェクションは外部からDNAを細胞に導入する手法で、逆転写はRNAをDNAに変換する特定の生化学的プロセスである。どちらにしても遺伝子組み換え技術に変わりはない。

何度も書いているけど、接種した人は回数が多いほど遺伝子組み換えが起こったトランスヒューマンになっていると思う。

問題は何が組み込まれているかやね。これまでの生物兵器お注射は、汚染DNAが含まれているという話だが、実際はワクチン液の主成分であるスパイクタンパク質に強烈な炎症性サイトカインを引き起こすmiRNAや、癌発現因子が組み込まれているという論文が出ているようだ。

だから、WCHとマッカーナン博士らが発表している汚染DNA類は、どーにも腑に落ちない部分がある。例えばSV40なるウイルスがあるとして、一斉にターボ癌を引き起こすとは考えにくい。それならポリオワクチンの時もターボ癌が多く発生しているのでは・・・?


で、ワクチン後遺症でずっと苦しんでいる人がいると思うけど、残念ながら一生涯続くのではないかなあ。半永久的にSタンパク由来のmiRNAが強烈なサイトカインとケモカインを引き起こす。それで免疫活動が極めて異常になる。単なる慢性炎症というレベルを超えた、身体・神経面に重度の問題を抱える状態になる。

こうなってしまうと、イベルメクチンや分子増強NACなどで対処できるレベルではないような・・・なにせ自分の体の中で、自分の細胞たちが毒物を生成し続ける訳だから。さらにDNAを上書きしないと、どうしようもないのではないかな。治療法があるとええんやが😥

ワクチン後遺症で苦しんでいる人たちの投稿や記事を見ていると、あまりに辛そうで他人事ながら悲しい気持ちになってくるよ。

確かに、安易に国や製薬会社、メディアを信じて接種した点は駄目だと思うけど、過去のことはもうええでねーか。それよりも、被害を受けた人たちが回復出来て、そして集団訴訟などを起こせるくらいに元気になれたらいいのだが。


んで、今は元気な人も、いつ体に不調が現れるか分からない。遺伝子組み換えが起こっていたら、突発的に症状が出てしまう人と、緩やかに病気が現れる人とパターンが分かれるはず。私の周りにもいるんよ。まだ若くて元気だったのに、最近、体がやけにしんどくて気力が出ないと別人みたいになっている人が。

繰り返すけど、ウイルスの分離が出来ておらず存在証明が無いのに、どうしてワクチンを接種するんだい?ウイルスを純粋化出来ていないのに、どうやって抗体を作り出すん?おかしいと思わん?

大体、ウイルスがいるという前提で世の中が進んでいるのが駄目だよな。当ブログでよく取り上げるエポックタイムズの記事も、京大名誉教授・福島氏や及川幸久氏の動画も、全て自然・人工関係なくウイルスが存在するという前提となっている。実際はウイルスの純粋化に成功した科学者は未だいない。

そして、ウイルスの存在証明はないという前提で記事を掲載しているメディアもまたウイルス同様に存在しない(苦笑)。なので、記事や動画の発信元に仕方なく合わせてウイルスが存在している体で書いております。残念だけど、人々の意識に深く刷り込まれた「ウイルス存在説」を取り除くことは無理だと思う。


たまに、海外独立系メディアのコロナ関連ニュース記事のコメ欄に「ウイルス自体が存在せず茶番だ」というコメントを目にすることがある。印象に残ったのは「これが理解できる人は20%で、残り80%は理解できないだろう」と書いていた点。パレートの法則通りということやね。

ウイルス=エクソソームは人の細胞内でなければ生存できない。自然界でも人工でもいいんよ。ウイルスがその辺に存在しているなら、是非、それをさっさと採取して培養して分離してみせてくれ。すぐに出来るはずだ。出来ないということはウイルスなどファンタジーということだよ。ネッシーツチノコと同じさ。

先天的な染色体異常があるミドリザルの腎臓細胞(Vero)を用いて、牛の胎児血清、アスピリンストレプトマイシン、トリス緩衝液といった劇薬や抗生物質を培養液に混ぜて使う理由を、納得いくまで詳しく説明してくれ。分離工程にこんなものを使う理由を説明はよ!脇田所長はよ😲

 

 

うつ病はヘルペスウイルスが原因!?馬鹿ジャネーノ🤣🤣🤣


これは知らなかった!なんとヒトヘルペスウイルスがうつ病を引き起こす要因だったとは。いやー世紀の大発見ですなあ、どちらかと言うと世紀のお笑い芸って感じかな😂🤣

ところで、近藤一博教授は当然ながらヘルペスウイルスを単離・標本化した論文なり存在証明をお持ちだろうし、分離したウイルスの分析を基にヘルペスウイルスが神経系統やニューロンの活動に影響を与えることを突き止めたに違いない!これは世界初の快挙だぜ?世界中に発信しないと駄目だ!

もし、分離していないにも関わらず「ヘルペスウイルスがうつ病を引き起こす」と発表したなら、これは酷い話だ。ところで、ウイルスの存在証明に関する行政文書開示請求に対し、カナダ公衆衛生局は「あらゆるウイルスの分離記録は無い」と文書で正式に回答している。

CDC(米国疾病予防管理センター)は、ヘルペスウイルスの分離記録がないことを、2023年4月に公式回答している。はて?分離記録のないウイルスが、どうしてうつ病の起因に関連するとか分かるのだろうか?

仮に近藤一博教授のチームが分離に成功して、その上でうつ病との関連を突き止めたなら、それこそCDCにも記録が残る筈だよな?近藤教授のトンデモ説が発表されたのが2020年だからのう。ですよねー近藤教授、証拠だしなはれや🤔

現代医学、ウイルス学が如何に嘘まみれか、これでよく分かるでしょう。ウイルスはいるんだ!病気はウイルスなど病原体のせいに決まっている!と言っている人は、文鮮明教祖は神だ!教祖を否定する者は悪だ!と洗脳されている自民党統一教会信者と変わらないぞ。或いは創価学会池田大作信者も同様だ。カルトどもが。


犬の狂犬病ワクチンなども同じだ。ワクチンで年間に3000頭の犬が死んでいるというデータが出ている。そして犬用製剤における製薬会社の利益は150億円にのぼるという。狂犬病ウイルスも分離に成功した証拠は一切ない。どうして狂犬病ウイルスが存在すると断言できる?分離できていないウイルスの治療薬として、どうやってワクチンが作れるんだ?

あなたの可愛い愛犬・愛猫たちは、体を悪くするワクチンを接種させられている。それは製薬会社へのお布施であるという認識を持つ必要がある。可愛いペットの健康や命と引き換えに製薬会社にお布施をしているのだ。

そして、ワクチン接種をしている人は、あなたの健康や命と引き換えに製薬会社にお布施をしている。あなたが実費でお布施をするのは構わないが、ワクチン政策は大きな税金が製薬会社に渡っていることを忘れてはならない。

無料という言葉に騙されている人が多いが、あれは税金だ。私は製薬会社の連中の懐をほっかほかにする為に税金を納めたくはない。

 

 


結局、病気は別の外的要因が引き起こすのだよ。もちろん個体差がある。個体差がある原因は生まれつきの強弱もあるだろうし、ビタミンD生成レベルの差なども大きく関係してくるだろう。

それ以外は環境要因が大きいと考えられる。体に合った適切な食事を心掛けているか否か、適度な運動を心掛けているか否か。食事、運動、睡眠、生活リズム、水、空気、マイクロ波、5G・・・様々な要因が少しずつ重なり、人間は細胞にストレス毒性を蓄積させていく。

毒を蓄積していくと、次第に細胞の炎症レベルが高くなっていく。当然、緩やかにである。故に、人は自分の行いが自分の細胞にダメージを与えていることに気付かないのだ。

こうして多くの現代人は慢性炎症に見舞われているのである。怠い、しんどい、眠い・・・これらが「細胞たちからのSOSサイン」であることにも気付かずに。ワシもやわ、気付いているけど改善しなくてごめんちゃい細胞さん😱


細胞の炎症レベルが高くなると、炎症性サイトカインを誘発して、悪性化したエクソソームが細胞から分泌される。これらは細胞間で感染していく。これにより様々な病気の症状が引き起こされる。ウイルス学者たちがウイルスと称している物質の正体は、細胞が分泌するエクソソームである。

要するに炎症が病気を引き起こす。癌も同じプロセスだ。毒でしかない薬や超加工食品などを摂取し続けて細胞に長期的な炎症を引き起こし、また、呼吸が浅いなど低酸素の状態で過ごすなど様々な要因が重なることで細胞が癌化していく。どのような病気も根本は炎症だ。ウイルスなるモノが引き起こしている根拠は全く無い。

うつ病など精神疾患発達障害も、腸内細菌叢へのダメージが積み重なることで神経伝達が滞り、ニューロンの活動が鈍化することで引き起こされると考えられる。

 

 


雑なイラストですまん。体は細胞で構成されており、脳はニューロンという脳細胞(正確には神経細胞)で構成されている。体細胞はDNAを基に分裂・再生が可能だが、ニューロンは再生が出来ない。

ニューロンはそれぞれが連携して情報を伝達していく。ニューロンには樹状突起と軸索という部位があり、樹状突起⇒軸索へと電気信号を流すことで情報が伝達されていく。

 

 

ニューロンその①(シナプスニューロン)からニューロンその②(シナプスニューロン)へと神経伝達物質が運ばれる仕組みは、ニューロン①によって届いた神経伝達物質シナプス小胞神経伝達物質を包む物質)に取り込まれ、シナプス間隙で神経伝達物質が放出される。

放出された神経伝達物質ニューロン②(正確にはシナプスニューロン受容体)に蓄積される。一定数に達すると電気信号により伝達が完了。利用された伝達物質はリサイクルされて同じ活動を繰り返す。ニューロンとは別の、電気信号を要さない神経細胞「アストログリア」も存在する。

ちなみに、イーロン・マスクが動物たちの脳に電極を埋め込み行ってきた悪魔の実験「ニューラリンク」とは、ニューロン同士のリンク(接続)を人為的に作り出し、意識や感情を動かしたり読み取るという意味で命名されている。

つまり、電気信号で人々の脳をコントロールしようと試みている。いいのか悪いのか・・・。


ニューロンはそれぞれ運動、感情、学習、記憶など様々な役割を持っている。ニューロン同士がリンクして情報を伝え合うことで、例えば・・・。

 

ニューロン「12月はさすがに寒いのお🥶」
↓↓↓伝達
ニューロン「鍋焼きうどん食いたいやで🤤」
↓↓↓伝達
ニューロン「末端冷え性やった、病院いかな😷」
↓↓↓伝達
ニューロン「てか、そろそろクリスマスやあ😺」
↓↓↓伝達
ニューロン「あっ!プレゼント買ってないし買いに行こ😨」

 

・・・みたいに、1つの情報からニューロン同士が次々と連携して思考・連想していくなど、ニューロンの活動とは非常に重要だ。私たちの意思は、私という人間の感情が決定しているのではない。ニューロンたちが意思を決定して、私たちはそれに従って動いているのである。

ところが現代社会は毒で溢れている。神経毒を蓄積することで、ニューロンがダメージを受けて上手く機能しなくなると、この連携が滞ってしまう。これにより神経障害が生じる。そして精神疾患発達障害などに繋がっていく。

 

ニューロン「今日は天気が良くて暖かいね😊」
↓↓↓伝達
ニューロン「うん・・・そうですね・・・😪」
↓↓↓伝達が滞る
ニューロン「・・・はぁ😓」
伝達ストップ


・・・みたいな感じである。これがうつ病の状態と言える。また、情報伝達を円滑に行う上で大切な成分にビタミンB12などが挙げられる。過去記事でも書いた通り、栄養不足でも脳の情報伝達に悪影響が出る。

これでお分かりの通り、ウイルスが遺伝子に影響を与えてうつ病と関連しているなど、もはやファンタジーを通り越して、カルト宗教の世界滅亡論レベルの戯言である。

しかし、それを堂々と発表できる理由は、近藤教授が恥知らずだからではない。大衆が無知すぎることをいいことに、科学者たちが好き放題に捏造しているのである。ウイルス学、現代医学、ワクチンも、全て大衆の無知の上で成り立っているのだ。なお、ワシも3年前まで無知だった模様😑

 

 


ある地域の医師が、精神疾患発達障害、ひきこもり、不登校児の小学生たちの生活習慣を調査したところ、ほぼ全ての子が、食事は菓子パンやジャンク飯がメインで、睡眠不足など生活習慣に共通した問題があることが分かった。

その親も同様の生活を送っていることが判明した。親子の生活習慣を改善するよう指導したところ、殆どの子供たちが1ヵ月で改善し元通り登校するようになったという、実際の調査記録が10年ほど前に出ている。間抜けなことに、このデータを発表していた医師のサイトのURLを私は失念してしまった。

ともあれ、親が酷い生活習慣を送っていたら、同じ環境にいる子供も同じ生活になるのは当然だ。多くはこういったことが原因だよ。先天性・遺伝性の要因も否定はできないが、多くは生活習慣だ。抗うつ剤も、向精神薬も、スマートドラッグも、薬など一切要らないことを明言しておく。

ワクチン後遺症で苦しむ人が増えている。後遺症から回復するには?


ワクチンを接種した人たちが苦しもうと自業自得だ、という未接種者によるネットの書き込みをよく目にする。確かに、2年間にわたり反ワクだの陰謀論者だと接種者に蔑まされてきたことへの怒りが積み重なっていることは分かる。

しかし、製薬会社だけではなく国家や国際機関が結託して実行されたコロナ・プランデミックと、世界中の「無駄飯喰らい」への生物兵器(ワクチン)投与計画は、気付いていた人から見たら極めて杜撰でも、そうではない大半の人たちを洗脳するには十分な演出だった。


2021年春。私にとって大切な存在に「ワクチン接種をしないで欲しい」と説得し続けた。今でこそ私に感謝してくれているが、当時はワクチン反対派の私に懐疑的な反応だった。ファイザー、モデルナは見送るが、(当時、開発中と言われていた)塩野義ワクチンが出たら接種するとも言っていた。

テレビ、ネット、新聞、公共施設、病院、医師、専門家、メディア、論文・・・これらが洗脳を強固にするポイントやね。謎のウイルス(😑)による人類の危機という煽りとワクチン接種への誘導が日常生活の中で常時展開されていた。多くの人が、接種しなくてはならないと刷り込まれてしまったのも無理はない。


反ワク、陰謀論者と散々言われて私も腹が立つことはあった。しかし、過去はもういいでねーか。それよりも、今、後遺症で苦しむ人たちが国内外問わず増え続けている。ワクチン被害当事者たちを取り上げた記事や、当事者自身によるSNS投稿を目にすることも増えている。

それらに目を通していると、自己責任や自業自得などとはとても言えない。苦しみが文章からも伝わってくる。それを読むと悲しくなってくる。「ザマぁ」などと言える人は悪魔だよ。そして、医療機関、政府、厚労省は示し合わせたかのように完全スルーしている。怒りが湧いてくる。

つまり、政府、厚労省、製薬会社、医師会幹部らは、苦しみながらしばらく生きて、病院と製薬会社に金を落とし続けて、緩やかに死ねと宣告しているのだ。

 

 

 

 



こういう人が本当に多いんだ。海外の医療フォーラムを見ていても、後遺症が2年続いて仕事も出来ず、国からの補償もなく、貯蓄が尽きて絶望と言った投稿を目にする。国内外でワクチン後遺症に苦しみ、国に見捨てられ、絶望に打ちひしがれている人が増えている。

別記事でも書いたが、私の知人の親族2名も4回目のファイザーワクチン接種後、全身に血栓を発症して緊急入院となった。2名が同時に全身多発性血栓症を発症したのだ。医師はワクチンが原因と断定して、病院の後遺症対象者リストに加えた。

2名とも血栓を無事に溶解して退院したが、退院後も全身の倦怠感、むくみ、腫れ、体調不良が続いた為、知人を介して相談を受けた。仕事が出来ないほど体調が優れなかったようだ。イベルメクチン、ビタミンC、ビタミンDマグネシウム亜鉛などを高容量で服用するよう指示した。

結果、服用から1ヵ月ほどで再び仕事ができるほどに回復した。今は自発的にイベルメクチンを定期服用しているようだ。ともかく、私の身近なところでも、こうしてワクチン後遺症で苦しむ人が出てきているのだ。

 

 


これは私が毎日服用しているサプリだ。イベルメクチンは気が向いた時に服用している。1週間に1錠くらいかな。

ワクチン接種をした人は、今は元気でも、後遺症がいつ現れるか分からない。何故なら、正確にはワクチンでも後遺症でもなく、最初から遅効性で様々な症状が現れるようにプログラムされているからだ。病気で苦しむ人が増えるのはこれからだろう。

接種した人たちこそ、日頃からこういったサプリを服用しておく必要がある。何かが起こってからでは遅い。日頃からの積み重ねが未来の発症や重症化を防ぐのだ。

お勧めは、


①NAC(Nアセチル-Lシステイン

②ビタミンC
③ビタミンD3+K2
マグネシウム
亜鉛
⑥イベルメクチン


これらかな。余裕があれば、クリルオイルも服用すると良い。クリルオイルはナンキョクオキアミから抽出したDHAEPAで、天然アスタキサンチンが多く含有されている為、魚油と違い酸化しにくいのが特徴だ。

DHAは脳関門を突破して脳の炎症を抑制してくれる。ブレインフォグなど脳への後遺症状が現れている場合に有効と考えられる。

NACやビタミンDも脳関門を突破する。これらは脳の炎症抑制に強烈に作用する。ゆえにNACはうつ病精神疾患全般、ギャンブルや薬物など依存症治療に用いられる。

但し、通常のNACは服用から24時間後のスパイクタンパク質分解率が12%だ。もし、重度の後遺症に悩んでいる人は、海外からの個人輸入という形になるが分子増強タイプのNACを服用してみて欲しい。

 

 

NACによるスパイクタンパク質の分解率を研究したデータだが、御覧の通り、スタンダードは12%だ。対して分子増強タイプ(AUGMENTED NAC)は99%である!個人的にはイベルメクチンよりもこちらを強くお勧めしたい。

分子増強タイプは海外のアマゾンで販売されている他、海外のサプリ通販サイトでも取り扱われている。残念ながらiHerb、輸入代行サイト、日本のアマゾンなどでは取り扱いされていない。

自力で輸入する必要があるが、重い後遺症に苦しんでいる人は、このNACに賭けてみるのも手ではないだろうか。

 

 


食事も改善することが大事だ。私は3年前から(ほぼ)グルテンフリーに取り組んでおり、パン、うどん、ラーメンは一切食べない。麺を食べるなら国産そば粉を使った八割蕎麦、ゼンブヌードル。パスタなら古代小麦スペルト小麦麺を食べている。

野菜は切り干し大根、ゴボウ、乾燥野菜ばかり。魚は国産干物、いわし・さんまの缶詰など毎日食べている。肉はあまり食べない。魚はDHAEPAビタミンB12が摂れる。あとはワカメ、昆布をよく食べていますわ。米は三分づきを食べている。

以前は料理が趣味だったけど、今はほぼ和食メインでメニューも固定化された。そして1日1食しか食べない。小腹がすいたら非アルカリ処理のピュアココアを黒糖で軽く甘みを付けて飲む。たまにプリンとか食べてまうけど😋🍮


ファスティング(断食)は、体内の毒素を出し切る上で最高の方法だ。それが無理なら、1日1食にして、16時間ほどのプチ断食を日々行うだけでも随分と違う。現代人は無駄に飯を食べ過ぎているんよ。肉体労働者なら話は別だが。

ワクチン液に含まれている確率が高いグラフェンは、どうやって排出したらいいのだろう。食品容器、ペットボトル、さらには食品自体(主に加工食品だろう)にも含まれている為、ワクチン接種の有無に関係なく対策が必要になってくる。イベルメクチンで除去できるという話もあるが果たして。

とにかく、後遺症で苦しむ人たちが少しでも改善に向かうことを願っております。

 

 

もしワクチンで被害が出たら全責任は自分が取ると言いながら全く対応していない無責任な河野太郎に対する怒りの声。河野太郎だけではなく、いい加減に統一教会自民党そのものを潰さないと日本が潰れる段階まで来ている。

ファイザー研究者への覆面記者による取材:全てはファイザーの思い通りの展開だったのでは?【人工ウイルス?】

クリス・クローチェ(Chris Croce, Senior Assoc. Scientist, Pfizer)はファイザーの上級研究者だ。彼は「現在、ファイザーが行っている治験では、ワクチンの有効性ではなく心臓発作との関連性を調べている」と語った。

 

 

Q:どうやってワクチン接種していない人にさせるの?
A:例えば、接種証明書が無いと公共サービスを受けられないとか、接種を拒否する人たちの生活を制限して、彼らが接種せざるを得ない状況にするのさ。

Q:どういう意味?
A:未接種者が何も出来なくなるようにして、接種済みの人は何でも出来る権利を与えるようにしたら、「ヤバい、やっぱり私にも接種して!」となる。ワクチンを製造して奨励することで、多くの製薬企業が莫大な利益を上げている。

Q:では、モノクローナル抗体療法は?
A:そんなものは無視だ。胸糞悪いけど金さ。盗聴とかしていないよね?未だに悪魔の企業に勤めている気分だよ。全ては利益の為。僕は人の役に立ちたくて働いている。数億ドルもの利益の為じゃない。葛藤を感じるよ。

Q:ミリオンではなくビリオンでしょ?
A:敢えて控え目に言っているんだよ。今やファイザーは「コロナマネー」で回っている。昨年は150億ドル以上の純利益が出た。

Q:心筋炎にならなくて良かったわね。よくある後遺症なんでしょ?
A:ああ、若い人のほうがなりやすい。

 

 

拾い物の翻訳動画。ジャーナリスト組織「プロジェクト・ヴェリタス」によって公開されたものやね。

 



これがオリジナル。2021年に公開されたもので、この時点でファイザーはワクチンが心筋炎を始めとした数々の重大な後遺症を引き起こすことを理解していた。

通常、これほど多くの有害事象が報告された場合、必ずその薬剤は回収される。しかし、米政府、FDA、CDC、メディア、医療機関などは揃って黙認し、接種を半ば強制化した。つまり、製薬会社が利益の為に単独で行っていることではないと推測できる。全てが裏で繋がっている。

これらの企業や組織にとって、ワクチンが様々な重大な後遺症を引き起こすことは想定内であり計画通りだろう。そうでなければ、ファイザーはどうして2097年までワクチンに関する情報開示をしないという契約を各国政府と結んだのか。

開示された場合、世界中で訴訟の嵐になることを理解していたからと考えるのが普通では?🤔

2097年にもなればアルバート・ブーラはとっくにくたばっているし、接種者も単純に寿命でこの世にいない。ワクチン薬害裁判を起こす者は誰もいなくなっている。ついでに歴史も都合よく改竄されているだろうね。

 

 

プロジェクト・ヴェリタスといえば、1年前に別のファイザー研究員への覆面取材も世界中で大きな話題となった。これが原因で何らかの圧力がかかり、代表のジェームズ・オキーフが追放されることになった。

 

 

ファイザー社の幹部社員が「新しいワクチンを先取り開発するために新型コロナウイルスの変異を検討している」と発言

Senior Pfizer Employee Says Company Exploring Mutating COVID-19 to ‘Preemptively Develop New Vaccines’


ファイザー社の幹部社員は、非営利ジャーナリズム団体「Project Veritas」が捉えた覆面取材中の会話の中で、ファイザーが新しいワクチンの開発を先行開発する為に新型コロナウイルスの変異を検討していることを明らかにした。

「我々が模索していることの1つは、ウイルスを我々自身で変異させたら新しいワクチンを先取りして開発できるのではないか、ということだ」

ファイザー社の研究開発責任者であるジョーダン・ウォーカー博士は、Project Veritasの覆面記者にこう語った。


「しかし、想像の通り、製薬会社がウイルスを変異させるようなことは誰も望まないだろうね」とウォーカーは付け加えた。ウォーカー博士は、ファイザーの科学者たちが新型コロナを変異させるプロセスを「最適化しているが、誰もが非常に慎重である為」遅々として進まないと主張した。

「彼らは変異プロセスをあまり加速させたくない。次に起こる突然変異を明らかに知っていることを知られたくはないからね。正直なところ、武漢コロナウイルスが発生したのも、同じようなプロセスではないかと思うよ」

と述べ、新型コロナウイルスは「今後しばらくの間、我々にとって大きな稼ぎ頭になるだろう」と付け加えた。

ウォーカー博士は録音されていることに気づかず、レストランでProject Veritasのスタッフに話している様子だった。



博士のプロフィールと存在がファイザーから消される

ウォーカー博士のプロフィールによると、ファイザーの「ワールドワイドR&D戦略オペレーションおよびmRNA科学計画担当ディレクター」とある。検索エンジンにキャッシュされた彼のLinkedinのプロフィールには、同じタイトルが記載されている。

実際のLinkedinのページは既に削除された。そのプロフィールには、ウォーカー博士のメールアドレス、携帯電話番号、ファイザー本社の電話番号が記載されていた。このアドレスにメールを送っても返信はなかった。

木曜日、ウォーカー博士のことを尋ねられた本社受付係は、彼が社員として登録されていることは認めたが、彼の社内プロフィールには連絡先が記載されていないと述べた。金曜日には別の担当者が、ウォーカー博士という人物は掲載されていないと答えた。

Project Veritasが入手した内部文書によると、ウォーカー博士は、ファイザー社の研究開発部門・最高責任者であるミハエル・ドルステン(Mikael Dolsten)と、シャン・ウー(Shuang Wu・双武)の部下である。

つまり、ファイザーCEOアルバート・ブーラ直属の部下である。ウォーカー博士は医師免許を持っていると記載されている。

 

 


Project Veritas代表ジェームズ・オキーフ(James O'Keefe)の取材を受けたウォーカー博士は、恋人に扮した覆面記者に、新型コロナの変異操作について話している映像を突きつけられた。

ウォーカーはその映像が本物であることを認めたが、自分は真実を話していないと述べた。

「デートで相手に好印象を与えようと嘘をついただけだ。私は科学者としての経歴もない。私がビジネスコンサルティング会社の出身であることを知っているだろう。一般市民を助けようとしている会社で働いているだけの人間に、なぜこんなことをするんだ!?」

とウォーカー博士は怒鳴り暴れ始めた。


ウォーカー博士はNYPDに通報したが、警官はProject Veritasのスタッフたちを逮捕することを拒否した。警官のひとりは「私たちが到着する前にオキーフ氏が去っていなかったら、逆にウォーカー博士を暴行罪で逮捕していただろう」と述べた。

一連の場面を撮影した映像の公開後、ウォーカー博士とシャン・ウーのSNSやネット上のプロフィールは全て非公開にされた。

ファイザー社は、この件に関するコメントの要請に応じなかったが、映像が公開されてから48時間後の金曜日の夜、プレスリリースで対応した。

 

 


・・・という、2023年1月に投稿した記事でござんす。本当は、記事に対してツッコミたいことが多々ある。例えばウイルスの存在証明はない、ウイルスは分離されておらず存在しない。

ほぼ全てのメディアが「ウイルスはいる」という前提で情報を発信している為、引用する側も修正のしようがないのだが、ともあれ変異も機能獲得もクソない。覆面記者の取材に答えた研究員たちも、ウイルスが存在しないことを理解しているはず。

彼らが言う機能獲得実験とは、次のワクチン(スパイクタンパク質)にはどういった症状を引き起こすmiRNAが含まれたエクソソームを作り出す機能を組み込むか、という遺伝子組み換えの為の実験、およびSタンパクの塩基配列のデジタルデータ編集ではないのか?


生物兵器の塩基をデジタル編集して自由自在に病気を引き起こす研究をしているなどと、いくら恋人や身内であろうと馬鹿正直に教えるはずがない。そもそも守秘義務がある。

仮に恋人なり身内なりがそんなことを知ったら誰かに口外したくなるものだ。家族や恋人が他人に漏らす、或いはSNSやdiscordなどに投稿される可能性もある。

よって、恋人に扮した覆面記者への発言も、危険な実験をしている男の危うい魅力を演出しつつ事実を隠す目的で、人工的にウイルスを変異させているという設定で話していたのだろう。

ファイザー社もこれらの研究員を本当に処分したとは考えにくい。表向きは解雇としているが、実際は今もファイザーの研究所で研究しているのでは?ウイルス変異と話している時点で守秘義務違反を犯していない。そもそも重要な機密情報を保持している研究員を簡単にクビにするとは思えない。


そう考えると、ジェームズ・オキーフはまんまとファイザーに釣られてしまったと言えるかもしれない。製薬会社がウイルスを変異させているという作り話を報道することで、見た人々にウイルス存在説や恐怖・不安を刷り込むことに繋がるからだ。ファイザーもウイルス学者たちもしてやったりだ。

ウイルスはこの世に存在せず、スパイクタンパク質は生物兵器であり、これらの塩基はPCで編集したデジタルデータであり、SタンパクがコードしたmiRNAがプログラムされた病気を自在に引き起こす。女神転生の悪魔召喚プログラムならぬ、病気発生プログラムだぞ。

こういったことをオキーフが認識していたら、もっと深堀りして情報を引き出せたのかもしれない。オキーフ自身がウイルス存在説を刷り込まれており、取材の限界を招いてしまっている。

という私の推測はどうでっしゃろか🧐

 

 


何となく絶体絶命都市2が頭に浮かんでしまったけど、まあとにかくウイルスなんかありゃせん。何度も書くけど、ウイルスはエクソソームだよ。ウイルスが外に単離で存在する証明などおまへん。

仮にウイルスがあるとして、分離および存在が証明できていないウイルスを予防するワクチンをどうやって作るんだ?抗ウイルス薬をどうやって作るのか教えてくだちい。

新型コロナワクチンを接種することで、スパイクタンパク質がエクソソームを作り出すことが研究で分かっている。エクソソームが細胞に取り込まれて感染していく。エクソソームに含まれるmiRNAが「製薬会社や研究機関がプログラムした」病気を引き起こす。これでほぼほぼ正解だろう。

ワクチンは治療薬ではなく病気を引き起こす為の物であり、mRNA技術を用いたコロワクに至っては定義上ワクチンですらない。そして糖尿病にせよ臓器移植にせよ、mRNA遺伝子治療は未だ未確立の技術だ。実験体として利用されていることに気付いてくれ。未確立ということは予見できないことが起こる可能性もある。

陰謀論という前に調べて知識を叩き込んでくれ。モルモットになりたい人はシラネ😑

テキサス州がファイザー社を提訴 コロナワクチンの有効性は95%ではなく0.85%ですよ😑

テキサス州、新型コロナワクチンの有効性を偽ったとしてファイザーを提訴

テキサス州の司法長官は、ファイザーがワクチンの有効性について誤った印象を与えたと述べている


テキサス州のケン・パクストン司法長官は11月30日、ファイザーが同社の新型コロナワクチンの有効性を誤って伝えたとして、同社を提訴した。

テキサス州ラボック郡に提出された訴状によると、ファイザーは新型コロナワクチンの臨床試験の結果を誤って伝えたという。

「私たちは、テキサス州の人々の為に正義を追求しています。テキサス州民の多くは、横暴なワクチン接種義務によって、嘘で塗り固められた欠陥製品を強制させられたのです。事実は明らかだ。ファイザー社は新型コロナワクチンについて真実を語っていない」

と、パクストン氏は声明で述べた。エポック・タイムズ紙がファイザーにコメントを求めたが返答がなかった。


ファイザー社とそのパートナーであるBioNTech社は、この臨床試験に基づき、自社のワクチンが新型コロナウイルス感染に対して95%有効であることを社告で宣伝した。

この試験では、新型コロナウイルス全体ではなく、ワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染した被験者数を調査した。

その後、数千万人のアメリカ人がこのワクチンを接種した。有効性の推定値は、ワクチン未接種者と比較した場合のワクチン接種者の相対リスク減少であった。

 

 


ワクチン接種を受けた参加者のうち、過去に感染した形跡のない人の0.04%が新型コロナ陽性であった。ワクチン未接種者で感染歴のない人のうち、新型コロナ陽性者は0.9%であった。つまり、相対リスクは95%減少したことになる。

別の測定方法である絶対リスク減少率は、ベースラインのリスク率0.9%から治療後のリスク0.04%を差し引くことで決定され、異なる有効性の推定値になる。

 

訴訟によれば、ファイザー社は相対的リスク減少数を宣伝し、わずか2ヶ月の臨床試験データに頼ることで、有効性を偽っていた。

「17,000人のプラセボ摂取者のうち、この2ヵ月間に新型コロナを発症したのは162人だけであった。この数字からすると、ワクチン接種の有無が試験参加者が新型コロナに感染するかどうかに与える影響はごく僅かである」と書かれている。

新型コロナに感染するリスクは、この短い期間では非常に小さい為、ファイザーのワクチンは感染リスクをほんの少ししか改善しなかった。

そして、連邦食品医薬品局(FDA)が推奨する有効性の指標である、ワクチン接種者の絶対的リスク減少率は、ワクチンの有効性がわずか0.85%であることを示している。

FDAはガイダンス文書の中で、相対リスク推定値による削減は「大きく見える」とし、「同じ情報が絶対リスク形式で提示された場合よりも、効果は好意的に捉えられる」と述べている。

同庁は、医薬品メーカーは相対的リスクに加えて絶対的リスクを提示すべきだとしている。

 

 

ファイザー社はまた、2回目の接種後7日経過する前に新型コロナが発症した場合、接種者を除外することで世間を欺いた、とパクストン氏は指摘している。

訴えによれば、ファイザー社もまた、自社のワクチンが感染を防ぐという証拠がないことを認識していたにも関わらず、繰り返し偽りの効果を発表し、人々やその愛する家族を守る方法であるかのような広告を打ったとしている。

例えばFDAは、「ワクチンが感染を防ぐという十分な証拠はない。ウイルスの駆逐と感染を防ぐワクチンの効果を評価する為には、追加的な評価が必要である」と文書で述べている。

食品医薬品化粧品法などの連邦法は、FDAが規制する製品の不当表示を禁じている。不当表示は、製品の広告や表示が誤解を招く場合(広告が表示に照らして重要な事実を明らかにしていない場合を含む)に発生する。テキサス州法は詐欺的な取引行為を禁止している。

 

ファイザー社の多くの声明では、絶対的リスク低減と相対的リスク低減の違いを説明していない。

ファイザーCEOであるアルバート・ブーラ博士もまた、試験結果が発表された後に、このワクチンはパンデミックに「終止符を打つのに役立つ」と主張するなど、誤解を招く発言を行ったとしている。

彼はまた、2021年2月、6ヵ月後の試験データがまだ収集されていないにもかかわらず、6ヵ月後のワクチンによる防御は「強固」であると主張した。

 

ファイザー社の誤解を招くような声明は、ワクチン接種者の95%が新型コロナに感染することはないという誤った印象を与えた。

その後、2021年に製薬会社やイスラエルなどのデータから、ワクチンの予防効果が数カ月で弱まり始めたことが示され、ブースターの承認と販売促進、そして最終的には新しい製剤の承認と販売促進につながった。

国司法省は、この訴訟に関するコメントの要請には応じなかった。FDA広報担当者は「FDAは訴訟の可能性、係争中あるいは進行中の訴訟についてはコメントしません」とEメールでThe Epoch Timesに語った。

 

この訴訟は、新型コロナワクチンメーカーのファイザー社、モデナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が、試験データを操作した可能性を含め、自社製品について一般大衆に誤解を与えたかどうかについて、パクストン氏が5月に発表した調査に端を発している。

このパンデミックアメリカ人にとって非常に困難な時期だった。この時期に違法に消費者を利用したり、利益を上げる為に人々の安全を損なったりした企業があれば、その企業は責任を問われるだろう。

 

この訴訟ではまた、ファイザー社が、ワクチンの有効性が低下している事実を繰り返し指摘したジャーナリストのアレックス・ベレンソン氏を含む、ワクチンに関する同社のシナリオに疑問を呈した人々を検閲していたとしている。

それは、ファイザーの取締役で元FDA長官のスコット・ゴットリーブ博士が、ツイッター社にベレンソン氏に対する措置を取るよう促したことを指摘するものである(ツイッターファイルで証明済み)。

ベレンソン氏はツイッターから追放されたが、同社を訴えた後に復帰した。その後、連邦法違反の疑いでゴットリーブ博士らを訴えている。

パクストン氏は裁判所に対し、ファイザー社のテキサス州欺瞞的取引慣行法違反の差し止め、同法違反に対する1000万ドル以上の支払い命令、ファイザー社に対する罰金および罰則は破産しても免責されないとの判決を求めている。

 


ザカリー・スティーバーはメリーランド州を拠点とするエポック・タイムズのシニア記者。米国と世界のニュースを担当。

 

 

★Comment★

10 forthebiguy
ファイザーは嘘と欺瞞の会社だ。彼らは決して責任を問われることはない。これらのワクチンと呼ばれるものは、説明責任ゼロの緊急用として承認された。この嘘つき野郎どもにとっては便利で儲かることだろうよ。


Humble Heart
コロナワクチンで多くの人を殺した製薬会社を倒産させる時が来た!


Orchid12
大手製薬会社はワクチンに対する免責を持っているのでは?議会はルールを変えるべきだと思う。大手製薬会社の責任を問うべきだ!奴らは嘘をつき莫大な金を稼いだのだ!

若い人たちは賢いからね、ワクチンを接種しないでほしい!ビッグファーマはあなたの健康も命も気にかけていない!


Axel Camacho
多くの勇者がこれに続くことを願っているよ。


ghellman2
ワクチンメーカーに与えられた免責は詐欺をカバーするものではない。ファイザーは有効性と安全性に関するネガティブなデータを持っていたが、嘘をついて安全で効果的なワクチンだと断言した。不正が証明されれば訴訟の門が開かれることになるぞ!

バイデンは多くのアメリカ人を殺した。ヤツの手は血で汚れている。大手製薬会社だけでなく、ワクチンを義務付けた全ての雇用主や大学も訴えられるべきだ!人身傷害の弁護士たちは大喜びだ。ワクチンで怪我をしたなら、1-800-lawyersに電話してください、というCMや看板が待ちきれないな。


randy14u
ファイザーは、アメリカ政府高官の助けを借りて行った全ての損害に対して、他の薬害はもちろんのこと殺人罪で起訴されるべきだ。


Karen Smith
大手製薬会社は次の嘘の責任を免れることはできない。

1) 新型コロナに感染しない
2) 感染する可能性があるのでマスクを着用する必要がある
3) 新型コロナに感染しても病院に行く必要はない
4) 病院に行く必要はあるかもしれないが死ぬことはない
5) 現在ではワクチン接種者が未接種者よりも高い割合で死亡している

最後に、他に訴えられるべきは、mRNAワクチンを製造したモデルナ社、そしてワクチンを推進した政府関係者全員である。アンソニー・ファウチとステファン・バンセル(モデルナCEO)は、コロナウイルスの機能開発実験に貢献した。

奴らは事実や電子メールを隠すことによって嘘をつき、調査を妨害し、私たちの健康ケアやパンデミックのロックダウンや手順について科学的でない強制をして、製薬会社からのロイヤリティで自分たちの懐を潤した。

奴らは、ナチス・ドイツのメンゲラよりもはるかにタチが悪い。世界中で数百万人が死亡し、数百万人がワクチン接種後に恐ろしい後遺症に見舞われた。刑事裁判と民事裁判が必要だ!


CC Canadian
テキサスに続け!他の国々が追随する為の舞台を整えよう!遅すぎたくらいだ!


jkm55
1000万ドル?たった罰金1000万ドルなんて、奴らにしたらはした金みたいなものだ!奴らは毒薬で数十億を稼いだ。なんてクソなんだ!


Edward
ワクチンは全く効果などない!コロナに感染しやすくなったという意味では効果アリだがな!


Denise Gaylord
テキサス州司法長官の努力には感謝するが、新型コロナは全て米国や研究者の支援を受けた中国の武漢研究所で作られたものであることに変わりはない。ウイルス学者、口先だけの科学者、政府、製薬会社に至るまで、全ての関係者の責任を問う国際法廷を開くべきだ。

そもそもウイルスの研究には欠陥があり悪意があった。1986年に端を発したワクチンの議論では、大手製薬会社の支配の下、立法府によって書かれた信じられないほどいい加減で寛大すぎる法律によって、このような混乱が起こることは予見できた。

様々な政府や政府機関による権力掌握に加えて、ロックダウン、そしてワクチン義務化が、アメリカだけでなく世界的に取り返しのつかない甚大な被害をもたらしたという証拠が山のようにある。

さらに、一般市民から医療従事者、ウイルスを調査する生物学的ツールを開発した研究者まで、彼らの懸念の声は全て封殺された。絶望感から精神的に病んだ人もいたはずだ。

ワクチンによって被害を受けた、あるいは直接影響を受けた何百万人もの人々の正義はどこにあるのだろうか?破壊された家族。失われた命。取り返しがつかないほど傷つけられた命。すべては貪欲と暴虐の為に・・・。


bymimagu
アルバート・ブーラは極悪人のツラをしてやがる。ファイザーは世界で最も刑事的、民事的に罰金を科せられた企業だ。1986年の法律は廃止する必要がある。この法律は製薬会社に完全な免責を与えた。

遺伝子治療の実験的mRNA注射をなぜワクチンと呼んだのか不思議だな。CDCはまた、2021年7月にワクチンの定義を「免疫を刺激する」から「防御機能を刺激する」に変更しなければならなかった。

私はCDCとFDAに提出されたファイザーの安全性に関する文書を読んだ。安全でも効果的でもなかった!それが2020年12月に臨床試験の盲検化を解除した理由だ。奴らは知っていたんだ!社員全員が罰金を支払うべきだ!


bobdaoust
ファイザーや全ての大手製薬企業に対する訴訟の歴史を見てみろ。次から次へと訴訟だらけだ。製薬会社は人々を不健康にするばかりで役には立たない薬剤を作っていることが分かる。

現代の医薬品にはクソほど長い副作用の箇条書きがあるのはなぜだろう?どの製薬企業も、副作用が殆どなく、真に役立つ医薬品を開発できないのだろうか?


David Pare
パクストン司法長官に感謝する。彼はまず偽の「弾劾」を打ち破り、テキサス州民の為に、そして世界中の人々の為にも正義を貫こうとしている。


James V
1つの分岐点となる瞬間だろうか?より多くの州、県、そして集団訴訟が、この徹底的に腐敗した巨大組織に対して起こされるだろう。訴訟では、最高経営責任者、取締役会、および全てのトップマネジメントを個人的に指名する必要がある。

なぜなら、こいつらは市民に多大な危害を加え、負傷させ、殺害したことに直接責任があるからだ。全員を破産させろ!


Linda Freeman
各州の司法長官がファイザーとモデルナに対して訴訟を起こすべきだ。もし全ての州で訴訟を起こされたら、奴らが毒ワクチンで稼いだ何百万ドルもの資金が訴訟費用で全て消えてしまうだろう。

奴らが殺した人々は戻ってこないが、透明性と誠実さという言葉の意味を奴らに教えることができるかもしれないぜ。


David Duntov
技術的には薬剤ですらない偽ワクチンは、そもそも架空のウイルスに対して何の効果もない。しかし、人々を傷つけて殺すことにかけては効果絶大だ。


Paolo Licata
これがテキサスの統一党がケン・パクストンを弾劾し排除しようとした理由だ。ケンが外されなくてよかった!デサンティスはワクチンについてかなり積極的だったが、フロリダもこれに続くのか?


dgsoil
コロナが流行している間、インフルエンザの患者はゼロだった。それがニュースで発表されなかったのはおかしいだろ。結局、未知の強毒性の病気が蔓延していると国民を怖がらせようとする方法だったってことさ。人々に恐怖を植え付けて支配する方法だ。

予防接種を受けていない人は公共の場に行くことができなかった。人々の決断力を奪う。なんて酷いことをしやがったんだ!クソッタレな嘘に関わった全ての企業が報いを受けることを願っている。人々は声を上げ続け、雇用主や製薬会社に対して勝訴しなきゃならねえ。


eandru
ブラボー!しかし残念なことに、ファイザーはこの件をもみ消す為に、優秀な弁護士に支払う不正な金を豊富に持っている。アルバート・ブーラはどんな犠牲を払っても株主を守るよ。賄賂と嘘がブーラの武器だ。

毒ワクチンが役立たずだったという真実を告げることは決して起こらないだろう。ファイザーFDAを説得し、2097年まで全ての記録を非公表とする契約を結ぶことに成功した。大手製薬会社を信用してはならない。

 

 


予防率とやらが95%という嘘は、私も2021年当時から散々記事に書いてきた。今さらネタと言えばそうだわなあ。典型的なレトリックに皆がまんまと引っかかった。どうして冷静に調べて計算しなかったのだろうか。日本で特殊詐欺やカルト宗教が絡む事件が後を絶たないはずやわ、なあ自民党公明党さん😧

そして、ファイザーは昔から3~5年おきに薬害裁判を起こされているけど、毒薬で儲けた莫大な利益に対して罰金額が小さすぎてダメージになっていないんよなあ。ファイザーを始め、大手製薬会社=犯罪企業という意識を人々が持つ必要があるが、日本人は特に権威に弱い。

私の周りもそうだった。大手製薬会社が嘘をつく訳がないと言い張る人ばかりだった。だから私は陰謀論者だとさ(苦笑)。皆、製薬会社が過去に何をしてきたか、どのように巨大化してきたか、プロセスを全く調べようとしない。

調べもしない癖に、どうして知ったような気になって全面的に信用できるのさ?私にはそれが全く理解できないね。権威にひれ伏す奴隷根性をいい加減に捨てろよと言いたい。

それと、最後に1つ加えておく。そもそもコロナに限らずウイルスの存在証明は無い!いい加減に騙されていることに気付いてくれ!😠🔥

ターボ癌、血栓、自己免疫疾患の増加は、新型コロナワクチンのDNA汚染で説明できる

病理学者:癌、血栓、自己免疫疾患の増加は、新型コロナワクチンのDNA汚染で説明できる可能性がある

当記事の下部には、エポックタイムズの元記事にたくさん投稿されているコメントも翻訳して掲載しております。そちらのほうが読んでいて面白いかも😅

なお、記事をそのまま翻訳している為、SV40など病原ウイルスが存在している体となっておりますが、あらゆるウイルスは分離された事実が無く、存在証明がありません。対象実験も一度たりとも行われていません(ウイルス存在説の嘘がバレる為)。この点を念頭に置いてお読みください。

 

解剖学・臨床病理学者のDr.Ryan Coleは、新型コロナワクチンにDNAが混入していることが、ガンや微小血液凝固、自己免疫疾患の増加に関係している可能性があると述べている。

「私の大きな懸念は、地球上の何十億という人々が、絶対に含まれてはならないもので汚染された薬剤を接種したという事実です」と、Dr.Coleは "American Thought Leaders" 番組内で語った。

「私が食料品店で肉を買ったとして、重金属や農薬の毒素が含まれていると知ったら、すぐに棚に戻すでしょう」と彼は付け加えた。


最近、研究者たちは、ファイザー社の新型コロナワクチンを含むワクチンバイアルには、数十億ものDNA断片が残留していることを発見した。

これには、シミアンウイルス(Simian Virus 40=SV40)由来の分子も含まれており、これらは「プロモーター」や「エンハンサー」として使用され、mRNA分子を生成するのに役立つ。

これらのmRNA分子は、人間の細胞がタンパク質を作り出し、体内で免疫反応を引き起こすのに役立つ。

 

 

ワクチンにおけるサル・ウイルスの「増強剤(エンハンサー)」

SV40は、実験動物の癌と関連がある猿のポリオーマウイルスである。ファイザーの新型コロナワクチンにはウイルス自体は見つからなかったが、SV40のエンハンサー遺伝子の存在は議論の的となっている。

なぜなら、これは悪性変化と関連するウイルスから派生している為である。ただし、一部の専門家はSV40のエンハンサー自体が有害事象と関連している可能性があると懸念している。

Dr. Coleは、SV40のエンハンサーに健康リスクがあると考えている。「懸念すべき」核内共局在配列が含まれており、「これによって細胞の核に入り、パニックを起こして突然変異を引き起こしたり、毒性を引き起こしたりする異なる経路やメカニズムを誘発できる」と述べている。


分子ウイルス学者であり、新型コロナワクチンからSV40エンハンサーを発見した研究の主著者であるDavid Speicher氏は、最近のインタビューで、新型コロナワクチンのDNA汚染を調査する為には、もっと多くの研究が必要であると述べた。

彼によれば、未解決の問題の中には、ワクチン中のSV40の塩基配列が「ターボ癌」、つまり攻撃的で急速に成長する種類の癌を引き起こしているかどうかが含まれている。

44カ国のがん登録記録を見直したところ、特に若い成人において、大腸がん、乳がん食道がん胃がん膵臓がんなど14種類の早発癌の発生率が急速に上昇していることが判明した。

 

 

ターボ癌が増加?

Dr. Coleが述べる「ターボ癌」は、医師たちが観察している現象の口語的な言葉であり、つまり癌の症状がより速く現れるというものを指す。

「今、私はこれまで見たことがない速さで固形組織の癌発症を見ています。寛解後、1年、2年、5年、10年と癌とは無縁だった患者が再発しているのです。まるで復讐のようで、従来の治療では対応できない速さで進行します」とDr. Coleは述べている。

彼は「ターボ癌」を簡単に説明することは出来ないとしつつも、免疫系の抑制と何らかの関連があると考えている。

「必ずしも遺伝子配列が癌を引き起こしている訳ではありません。癌に繋がる突然変異を引き起こす可能性がありますが、遺伝子配列が行っているのは免疫系を抑制することです」とDr. Coleは述べています。

そして、「免疫系が癌を殺すのです。免疫系が眠っていると、キラー細胞が活性化されません」とも付け加えています。

 

微生物学者であり、MITのヒトゲノムプロジェクトに参加した研究者Kevin McKernan氏は、新型コロナワクチン中のDNA量が、保健機関が要求する制限よりも18〜70倍である可能性があることを発見したと述べている。

今年初め、マッカーナン氏は、ワクチンに混入しているDNAの量が、欧州医薬品庁(EMA)が定めるRNAに対するDNAの量330ng/mgを18倍から70倍も上回っていることを発見した論文を発表した。また、食品医薬品局(FDA)の0ng/投与要件よりも高く、12ng/投与という数値もあった。

当時、McKernan氏は、DNAプラスミドが人間のゲノムに浸透する可能性があると警告しており、FDAや他の規制当局による「新型コロナワクチンは人間のDNAを改変しない」とする公式発表と矛盾するものであった。

 

Dr. Coleは、DNAの断片が小さいほど自分のDNAに組み込まれる確率が高まると説明した。

「これを証明する為には、まだいくつかのテスト実施やプローブを開発することが必要か?はい、その必要があります」と彼は述べた。

「私たち研究者の何人かは少人数のグループにいて、この問題の長期的な影響を解明しようと研究しています。血栓、自己免疫疾患、ターボ癌など、人体で見ている奇妙な出来事の多くを説明できます」

彼は、それらの原因はDNA断片が細胞内のシグナルを変化させているからだと確信を持っていると述べた。

「人間の細胞は人間のタンパク質を作る為に存在しています。人間の細胞が本来作るはずのないものを作るようにプログラムすると、その細胞はおかしくなり、突然変異を起こし、標的となり、免疫系が自分自身を攻撃することになるのです」

 

 

恐ろしいアイデア

Dr. Coleは、新型コロナワクチンのDNA断片に関連する有害事象の可能性について「多くの接点」があると述べながら、これらの断片が人間の細胞にどれくらいの期間留まるか、まだ分かっていないと警告した。

彼は、DNA断片が人間の健康に与える影響に対する懸念は、新型コロナワクチンに限ったことではないと付け加えている。

「私の懸念は、この技術全体、脂質ナノ粒子自体が未検証の製品であるということです」と述べ、mRNAを包み込み分解酵素から守る微小な脂肪の球を指した。

「これが人間の細胞に送り込まれてタンパク質を作り出すプロセスです。これがRSVやインフルエンザ、他の多くの病原体を作ろうとしています」と続ける。

脂質ナノ粒子は「小さな遺伝子配列を体内のどこにでも取り込まれる」ものであり、特に血液脳関門を越えて脳に薬剤を運ぶように設計されていると述べた。

「脂質ナノ粒子とどのような遺伝子であれ、これをキャリアプラットフォームとして使用することは、概念としては素晴らしい。でも、実際には恐ろしいアイデアです」

しかし、「長期的な安全性データがないまま、これをランダムに、それも勝手に全ての人に接種する」ことは良いアイデアではないと主張した。

 

癌や免疫系の問題との関連性に加えて、Dr. Coleは血液凝固もワクチン、特にワクチンに含まれるスパイクタンパクに対する副作用の可能性があるという。「しかし、スパイクタンパク質だけではありません」と、彼は素早く付け加えた。

「これは昨日、同僚から受け取ったメッセージです。DNA汚染に含まれる特定の配列を見る必要があります。なぜなら、非常に粘着性のあるタンパク質もコードしているからです」と述べ、「これもまた別の懸念」であり、さらなる研究と調査が必要だとした。

「これらの血栓は異常なタイプの血栓です」それらが従来のアミロイドではなく、アミロイド型のタンパク質であると彼は述べた。

「仮説に過ぎない」と警告しながらも、新型コロナワクチンを接種した一部の人々に「かなりの量」のスパイクタンパク質を産生し続けている臨床パターンがあり、「凝固経路を誘発する可能性がある」と述べた。

彼は、本来は血栓を自然に分解する人間の酵素が、「コロナワクチンを通じて多くの人々に注入された異常配列の為に阻害されている」と述べている。

 

 

FDA:ワクチンの有益性はリスクを上回る

FDAは、ファイザーの新型コロナワクチンにおける数十億のプラスミドDNA断片に対する懸念に対応し、

「接種の利益がリスクを上回ります。米国で使用が認可または承認されているmRNAワクチンは遺伝子療法として定義されていません」

と、元オーストラリア放送協会のジャーナリストであり、現在はSubstackで執筆しているMaryanne Demasi氏に回答した。

FDAの広報担当者は、「当局はワクチンの品質、安全性、有効性に自信を持っています。当局のリスク評価および継続的な安全性監視は、ワクチンの有益性がリスクを上回ることを示しています」と述べた。

 

FDAの回答の背景には、Demasi氏が行ったPhillip Buckhaults氏へのインタビューがある。彼はサウスカロライナ大学の教授で癌ゲノムの専門家である。

「ワクチンにはDNAが混入していますが、SNS上で広まっているSV40ウイルスがワクチンに含まれていて、それが皆に癌を引き起こすという事実とは異なる噂の一部にもストップをかけることができました」と述べた。

彼は、ワクチンにSV40ウイルスが存在し、ワクチン接種後に癌を引き起こしているという主張に言及している。

「ワクチンにはSV40プロモーターの一部しか含まれていないんです。しかし、一部の人がそれに注目し始め、猿のウイルスが混入していると噂が広がり、翌週には猿になるか、癌になるか何かが起こるだろうと皆が拡散していました。私はその種の不安や恐怖を抑える為に努力をしました。それが私の目的です」とBuckhaults氏は話した。

 

Buckhaults氏は、ファイザーのワクチンで見つかったDNA断片に関して、「微小な粒子のサイズが重要です」と述べた。

FDAは10ナノグラムと言っています。今、10ナノグラムはとても巨大な1つの分子からのものかもしれません。或いは、たくさんの小さな分子から来るかもしれません。そしてゲノム改変の危険性は質量の関数ではなく、独立した分子がいくつあるかの関数です。リスクとしては、実際にはこれらの小さなピースがたくさんある方が挿入変異誘発が起こるリスクがあるのです。1つの大きなピースが残っているよりも遥かに危険です」と続けた。

恐らく「陰謀的なものはない」との意見を表明し、「事務的な類のミスだろう」と述べた。

研究者によれば、ファイザー連邦政府の関係者などがワクチン開発中であった2020年に、新型コロナウイルスを「死ぬほど恐れていた」可能性があり、その為に製造過程にミスがあったかもしれないという。

 

 

遺伝毒性リスクは証明されている

Dr. Robert Maloneは、モデルナ、ファイザー両社が使用したmRNA技術の発明に貢献した科学者である。彼は、最近ワシントンで行われた公聴会で証言した証人の1人である。

Dr. Robert Maloneは、「SV40エンハンサー配列が残留DNAを残すことで問題を引き起こす可能性がある。その遺伝毒性リスクは証明されており、ワクチン接種後に現れた多くの種類の癌の原因となっている可能性がある」と述べた。

「癌リスクの一部がこれらのDNA汚染に起因している可能性があると私は推測している。この考えは査読済み論文と一致しています。これらのDNA断片は、早産の最も大きな原因の1つである胎児の遺伝子異常にも関与していることが示されている」 とDr.Maloneは述べた。

Dr. Maloneは過去に、「この配列が含まれているということは、ワクチンにDNA断片が混入されている証拠であり、FDAは回収するべきだ」と述べました。

規制当局はThe Epoch Timesの取材に対して、「配列または残留DNAの量に関連する安全上の懸念は確認されておらず、FDAはワクチンの回収を行わない」と回答した。

 

欧州連合加盟国のワクチンを規制するEMAは、SV40のDNA配列の「非機能的な」断片が、ワクチン製造において「出発物質」として使用されたとAP通信に回答した。

EMAは、これらの材料のほとんどが製造工程で分解され取り除かれる一方で、最終製品には「非常に低いレベル」で微量が残る可能性があると述べた。しかし、EMAはこれらが確立された安全基準の範囲内であると主張している。

アムステルダムに拠点を置くEMAは、AP通信の電子メールでの取材に対して、「EMAはmRNAワクチンと有害事象に関連するDNA物質の存在についての証拠を認めておらず、ワクチンバッチに存在する可能性がある少量の残留DNAがワクチン接種者のDNAに組み込まれる科学的な証拠も知らない」と回答した。

ファイザーに対しても、新型コロナワクチンにDNA断片が含まれていることに関してコメントを求めたが、回答は無かった。

しかし、ファイザーAP通信に対して、「ファイザー/BioNTech社製ワクチンには、人のDNAに影響を与えたり、癌リスクになる可能性のあるプラスミドDNAが含まれているという主張を裏付ける証拠はない」と述べている。

 

 

★Comment★


1mu2s3i4c
明白なことから分析せよ!

ワクチンが利用できるようになった頃には、すでに集団免疫ができていた。私の推定では80%が免疫を持っていた。免疫のある人にワクチンを接種することは、免疫のない人に接種するよりもリスクが高くなる。

追加の暴露によってアレルギーが悪化し、Sタンパク自体が自己免疫やサイトカインストームを引き起こす可能性がある(これがレムデシビルによるものでないと仮定するとだが)。

免疫があろうとなかろうとワクチンを接種することは、リスクは高まるがメリットはゼロだ。人為的に免疫系を活性化させることなどできない!

免疫系に過度の負担をかけることは、小型車で荷物を積んだ馬用のトレーラーを牽引しようとするようなものだ。免疫系を改善する唯一の方法は、運動、良質な睡眠、食事によって全身の健康状態を改善することだよ。


Glen Sewell
ワクチンは設計された通りの働きをしているんだ、人を殺すっていうね。クソが。


sally
もっとヤバい写真を選んだほうがいいんじゃないか?親が子供を押さえつけ、無理やり注射を打つとかさ。


Thomas Alessi
ワクチンの歴史について、オープンマインドでその全てを辿り調べていくほど、ワクチンが常に詐欺であり、どのような産業を作り出してきたかがわかる。現代はかつてないほど薬漬けの社会であり、人々は薬のせいで精神も肉体も病んでいる。

 

freedomrules007
腐敗した医療機関は、コロナによる治療を拒否してひたすらワクチン接種を推し進めた。これが多くのことを示しているではないか。医療機関は患者の健康など気にせず、利益だけを追求する。中でも癌は非常に儲かるんだよ。

医療機関は未だに効きもしない毒ワクチンを押し売りしてやがる。医療従事者全員が一丸になってコロナ治療を拒否しているのだから、もはや奴らを信用することなどできない。


American Woman
サル痘はどうなったんだろう?覚えてる?


JillA
サル痘が大流行したことと、このワクチンにSV40やサルのポリオマウイルスが使われているのは偶然かしらね?


danymoebus
昨日のエポックタイムズ社の記事を参照のこと。昔と同じさ、結局は繰り返し・・・🙄


JillA
真実が明らかになり続けている。ただ、全ての真実に到達する為には、MSMでもっと露出する必要がある。より多くの内部告発者と、日々の診療の中でこのすべてを目撃している医療従事者の証言を求める。


Knight Errant
いずれにせよ奴らは庶民どもに死んで欲しいってことだ。


American Woman
ワクチンが安全で効果的とは、権力側のプロパガンダであり妄想だよ。「突然死」や「ターボ癌」は私たちが見ている現実だ。真実は明らかになり、奴らは最終的に裁かれるだろう。


WILSON HORNER
健全な精神を持っている人なら、バイデン一家という犯罪シンジケート、医療業界、大手製薬会社を信頼するか?あなたの健康にとって良い関係があるか?こんな連中にあなたの健康を任せたらヤバいぞ。あなたの健康はあなた自身が管理者なんだ。

いいか、腐敗した権力者側のポチになってワクチンを接種する前に、査読済みの情報を求めて自分で情報を集めるんだ。


Diane Kaiser
2020年10月、mRNAワクチンの試験で死亡を含む深刻な副作用があることが示されたが、FDAは緊急用として承認した。パンデミックとは世界規模の詐欺であり洗脳であったことを忘れてはならない。

FDAは、2021年の初めに何百人もの死者が出た後も、ワクチンを市場から撤退させなかった。ビッグファーマとバイデン政権は大量殺人に加担しており、人道に対する罪と市民権侵害の罪を犯している。


bbbutcher3
実質支配されたメディアが製薬会社のCMをノンストップで流すのは興味深い。通常の薬のCMでは全ての副作用を口頭で説明するが、ワクチンのCMでは副作用はないと平然と言ってのけているな。


Justine Amado
なぜ人々は新型コロナウイルスに疑問を持たなかったんだ?なぜ、ニュースで流れることを鵜呑みにした?なぜ大衆は従順だったのか?なぜ大衆は、ワクチン接種を強要する職場を許し服従したのか。実際は拒否しても仕事を失った者は殆どいなかったのに。


jeb
なぜ人々は抵抗しなかったかって?

大多数の怠け者たちは、自分で調べて考えることが出来ないんだよ。君は、大衆がスマホを放棄して、飲食やセックスのような基本的な本能以外の何かを自発的にすることが出来ると思うか?


Angela K
人は死ぬことを恐れる。恐怖によって体がストレスホルモンでパンク寸前になると、思考することができなくなり、ただの指示待ち人間になってしまう。特にロックダウンにより生活全体が混乱している時はそうだ。

人々は混乱に支配され、メディアや政府、洗脳された周囲の人々によって恐怖を煽られ植え付けられた。ウィルスの恐怖に怯えていなかった人々は、接種義務化が始まると家族を養えなくなるのではないかと恐れた。

この人たちを動かしたのは恐怖であり、質問すべきことさえ知らない愚か者たちと言える。


Steven and Wilma Marks
羊たちよ。次の死のワクチン接種に備えよ。過疎化が始まった。ありがとう、ビル・ゲイツ。地獄からの悪魔よ。


lornapwright
ニューヨークは、HiSの予防接種指示に従わない人を隔離(強制収容)する前例のない権限を州知事に与える法案を提出しようとしている。もしここの人々が目を覚まさなければ、トルドーも同じことを試みるだろう。

トルドーは我々の権利を欲しがっている。私たちはすでにワクチンの危険性を知らされているにもかかわらず、彼らはまだ子供たちを含むすべての人にワクチンを押し付けようとしている。

中国は予防注射を強制し、拒否した者を監禁した。そして今、哀れにも人々は自然免疫を破壊されている。拒否だ!拒否だ!拒否だ!大手製薬会社を支援するのを止めるんだ!免疫を守ることが大事だ。腐敗した政府のシナリオ(左翼リベラル/NDP)に耳を傾けるのはやめるんだ!


GodWins
すべては計画的だった。ワクチンが汚染されていたことも隠蔽以外の何ものでもない。私はワクチンなど信じていない。


Thomas D
人類の人口を減らす計画が始まった時から、これは予想されたことだわなあ。


Kenneth Miller
今、市場からワクチンを撤退させれば、最初から欠陥があり、それを製薬会社や国が知っていたことを認めることになる。そうなれば、アメリカ国内だけでなく世界中から訴訟を起こされる可能性が出てくる。政府はそんなことはさせない。この時点で、政府も製薬会社もすべてグルなんだよ。


FJB LGB!
なぜFDAはワクチンをすべて撤退させないのか?他の製品であれば、これだけ問題があれば撤退させているはずだ!


01
ワクチン入門:1)被害者に注射する。
2) 希望する病態が認められたら、被害者に高価な薬を売りつける。
3) 利益を最大化する為に、被害者の身体を(できるだけ悲惨な状態で)長く生かしておく。
4) 被害者の死後、被害者の遺族に、精神的な困難を和らげる為に向精神薬が必要だと説得し、さらに製薬会社の利益を生み出すことができる新たな薬物中毒者を作り出す。
5) 精神的に弱い人たち(人類の80%)に、たわごとを信じさせ、ワクチンの1つや2つを打たせる為にプロパガンダ・キャンペーンに投資する。
6) ステップ1〜5を繰り返す。

終結果: コロナ異常者😂🤣


Radical_1
最近のアメリカの医療について説明すると、彼らは完治させるために治療したいのではなく、ただ治療したいだけなんだ!完治すれば一度しか顧客を得られないが、適当に治療するだけなら生涯顧客を得ることができる!金だカネ!


capazint
もう十分だ。真実とは、FDAにとっての嘘。EMAの嘘。ファイザーの嘘。あなたの人生と健康です。自分の体の権限を誰にも与えるな。


lorileehart13
20年後には癌による死者だらけになっているだろうね。私はとても悲しい😞

私自身と他の多くの人がこれに引っ掛かり、今政府に見捨てられた。私はファイザーのワクチンで後遺症を負いましたが、政府からの援助はゼロです。手と腕が突然麻痺して2年間働けず、今では数え切れないほどの健康問題を抱えています。


Chris Ashworth
予防接種を受けた人には恐ろしいニュースだね。私は職場で解雇の危機にさらされても拒否したし、私の家族も接種しなかった。


jerry
新型コロナで起きたことは犯罪的で、ヒトラーや他の暴君が犯した罪を超越している。以前はそのことに腹を立てていたが、奴らは権力者であり決して罰せられない。私は今、無知で愚かな操られやすい者たちこそが真の犠牲者であり共犯者であると理解している。

常識や批判的思考を欠き、論理性を欠いた見え透いたウソを流した人々を非論理的に信じたツケを、彼らはこれから命がけで払うことになる。

10~15年もすれば、このワクチンは役割を果たす。社会の多くの問題を引き起こし、民主党に投票してきた「無能で間抜けな大衆」の大部分を静かに殺しているだろう。最終的には、IQが低く感情的なバカにしかアピールできない左翼どもの目標に終止符が打たれることだろう。

あなたが嘘に騙されて接種させられたなら残念だが、それはあなたの責任だ。脳が機能する人なら誰でも分かる明らかな嘘を警戒して見抜くことが出来なかったんだ。


Radical_1
ワクチンを拒否した「愚かな」人たちが、今では「賢い」人たちになっているのが面白いよね。


jack5531
この茶番パンデミックが始まった当初、第一線の医師やウイルス学者が皆、言っていたことだ。しかし、大衆はアンソニー・ファウチとCDCを信じた。悲しいことだねぇ。


Cyncat
これは偶発的な汚染ではなく意図的なものだろ。そうでなければ、すぐにでも中止されているはずだ。政府や製薬会社はこの汚染されたゴミを押し続けているんだよ!


Jay Jackson
ワクチンもマスクも科学的な裏付けは何もなかった。バイデン、ファウチ、DOH、CDC、それを義務付けた他の人たちも科学的根拠など示していない。私は周囲に言い続けてきたが、今になってこのようなことが明らかになったではないか。

しかし、未だに信じている人々は、再びマスクを着用し、6回目のブースター接種を受けている。私は製薬会社に、バイアルの品質管理の為にランダムにテストしているのかと尋ねたことがある。Noだったね。

この質問をしたことで、私はメディアから非難され陰謀論者と呼ばれた。私はDOHが推し進める毒物なんかより、サンタクロースのほうを信じるね。


danymoebus
ファイザーさんさあ、また嘘をついているのか。汚染DNAの証拠はあるし、複数の独立した研究所でそれが確認されているんだ。

本物の科学者たちは冷静であろうとし、これを製造上の偶発的なエラーと見ている。唯一の問題は、もしそうであれば、調査が行われて安全性が確認されるまで、少なくともワクチンは即座に製造中止になっているはずだということだ。

欧米諸国の政府がいまだにこの欠陥ワクチンを倍加して推し進めているという事実は、実際に悪意があることを示しているってことじゃねえか。


Michael Anstett
私はフロリダ州タンパにあるNCI指定の癌治療センターで2021年まで働いていた。皮肉なことに、彼らのミッション・ステートメントは「癌予防と治療に貢献すること」のままである。25年間看護師をやってきたが、すべての患者に予防注射を勧めるのを今まで見たことがなかった。

細胞数、予後、治療経過、診断の意味合い。そんなことは今は関係ないと言われた。また、数十人以上の患者が、ワクチン接種後の血液病理、再発リンパ腫、アミロイドーシスのような癌について懸念を示しているのを見た。

私はいつも、担当医師は何と言ったのかと患者に尋ねていた。これらの患者のうち、ワクチン接種と癌の関連性があるかもしれないと認めた医師は1人だけだった。他はすべて無関係と答え、病歴や身体所見には反映されていなかった。

癌研究センター全体で、好奇心旺盛な研究者が一人もいなかったなんてまるで信じられないだろう。会社の方針は、患者やスタッフ全員にワクチンを押し付けることだったんだ。

私は、この介入の重要性を理解する為の「カウンセリング・セッション」を提供する取締役から、個人的に2度電話を受けた。

私は2021年の春、子供たちに予防注射を義務づけることに懸念を表明するミームを共有するSNSへの投稿を理由に、人事部から懲戒処分を受けた。まさに悪質な組織的犯罪だ。

 

 


本来、安全性に少しでも懸念材料が発見された場合、薬品はすぐに回収されます。しかし、ワクチンはどれだけ懸念材料どころか証拠が出てきても、どれだけ後遺症や死者が出ても回収されることはなく、逆に接種を半ば強制的に勧めてきます。

つまり、コロナパンデミックも、その後にすぐに登場した(未確立の遺伝子治療技術を応用した)mRNAワクチンも、これから日本人を相手に人体実験が始まるレプリコンワクチンも、全ては製薬会社だけではなく、世界各国の政府、WHO、ゲイツ財団、世界経済フォーラムなどが計画してきたことなのです。

世界規模の詐欺行為を見抜けなかった人々がたくさんいても不思議ではありません。メディアやビッグテックを利用した、見事な洗脳作戦でしたから。だから、接種した人を馬鹿にしたり見捨ててはいけないと私は思います。

接種者はとにかくNAC、ビタミンD3、マグネシウム、イベルメクチン辺りを服用しましょう。そして適度な運動を心掛けましょう。レプリコンワクチンに限らず、ワクチンなど一切接種するのを止めましょう。どうか、皆さまが真実に気付きますように。

単なる独り言 2023年11月 右翼も左翼も関係ない

11月30日


気付けばあっという間に11月が終わるよ!栗栖正伸じゃなくてクリスマスまであと3週間やん!🙀

という訳で、何かと忙しい日々を送っております。表向きは単なるしがないフリーターですが、千の顔ならぬ裏の顔を持つ者として1件の依頼を受けており、そちらが書類作成などでなかなか忙しい。

さておき、及川幸久氏のYoutubeチャンネルがBANされたらしい。私は及川氏のファンという訳ではないけど、氏がチャンネルで発信する情報には有益なものが多く参考にさせてもらっておりました。グーグルの検閲体制は相変わらずですなあ。

及川氏に関しては批判的な意見もよく目にする。主だった批判内容は、幸福の科学というカルトに関わる人物だとか、トランプ信者であるとか、参政党と神谷氏を擁護したといった内容が多いかな。まあ、人それぞれ様々な考えや意見があるでしょう。

私は、及川氏が幸福の科学に関わっていようと、MAGAであろうと、参政党を擁護しようと、氏が発信する情報や考察に価値があるので動画を見ていた。それだけのことでござんす。

及川氏に限らず、参考になる情報を発信しているチャンネルやサイトは思想に関係なく色々と見ているよ。山本太郎や大石あきこのれいわコンビも素晴らしい情報を出してくれるし、田中宇氏の国際情勢解説も大変有益だ。西鋭夫氏のチャンネルも然り。

原口一博議員も、タッカー・カールソンも、海外の様々な独立系メディアも、インドのリパブリックTVとアルナブ・ゴスワミも。全てを鵜呑みにするのではなく、多くの情報を見て仕入れ、それぞれを照らし合わせて思考していくことが大切なのではないかい?

及川氏を批判している人たちの意見は、あいつはカルトだ、MAGAだ、そういった「情報とは無関係の部分」で個人叩きをしているだけに感じる。及川氏の思想などを叩くことと、情報の信用性は全く無関係だと思うのだが。いわゆる坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的な感覚に陥っているのだろうね。

私だって、山本太郎の背後にいる革マル系のボスの存在は如何なものかと思う。でも、それと山本氏が発信する情報は無関係じゃよ。良い部分は素直に支持していけばええのさ。れいわは実際によく頑張っている。ネット右翼ネット左翼は、この辺のバランス感覚が欠如している。思考の柔軟性が極めて欠如しているのだよ。

 


ケーキ屋で買ったそこそこのお値段のプリン。こういった甘い物を食べるのは久しぶりだわ。しかし、コンビニのデザート類と大差ないと感じる。それだけコンビニデザートのレベルが向上しているのでしょうなあ。

さあ、もうひと踏ん張りして書類を仕上げたら今日は休もう。睡眠が全然とれねぇ😪

 

 

11月26日


ここ2ヶ月ほど、「国産八割蕎麦、イワシの缶詰、自分で焼いた焼き芋」セットばかり食べている。食事は1日1回このセットだからだろうか、元々標準体型だったのがさらに痩せた。ズボンのベルトの穴を自分で空けないと、普通にベルトをしただけではズボンが完全にずり落ちてしまう。健康的にめっちゃ痩せた🙀


今、細菌に関する海外の面白い動画を見ている。医学が、ワクチンが如何に嘘まみれで大衆を洗脳して騙しているか、別の視点で考えさせてくれる。また記事にしたいのお。

しかし、残念ながら大衆の殆どはこの先も西洋医学を信じ続けるのだろう。今ふたたび、中国でウイルス発生という恐怖をわざとらしくメディアが煽っている。そして大衆は同じことをまた繰り返す。

「ウイルス」という虚像に怯え、薬やワクチンという毒を体に取り込んでいく。皆、作られる抗体なるものがウイルスから体を守ってくれると信じてやまない。

医学部・薬学部で嘘にまみれた医学を吸収して洗脳されてきた医療専門家が、大衆の洗脳状態をより強いものにしている。エビデンスという言葉に、無知な大衆は知識を得た気になり盲信状態となってしまう。


何より、生まれた時からから刷り込まれた「ウイルスが病気を招く」という洗脳を解くことは困難だ。統一教会信者やオウム真理教信者と言ったカルト教信者の洗脳を解くことが困難を極めるのと同じことやね。日本人は素直で真面目だから洗脳とコントロールが容易なのだろう、似非医学教による総洗脳状態だよ。

私は性格がひん曲がった天邪鬼だから良かったのかもね。多くの人が恐怖からワクチンという毒薬を接種する中、私は焦ることなく知識で自分の身を守ることが出来た。私の助言を聞いてくれた一部の人も接種せずに済んだ。その人たちは「あんたの言うことを聞いておいて良かった」と言ってくれた。


とりあえず、ウイルスなどありゃせん。存在するなら単離化したという証拠を提示して欲しい。次から次へとウイルス茶番劇が起きてワクチンを何故か迅速に用意してくるが、冷静に考えて新種のウイルスが次々に出てくる時点でおかしいと思わんかえ?創作物だよ、塩基配列もデジタルデータだしな。

ワクチンが早く作れる理由はmRNAだからだ!という馬鹿もいるけど、それならmRNA糖尿病遺伝子治療が未だ実用化されていない理由はなんだろか。

糖尿遺伝子治療もmRNAワクチンも、mRNA技術で逆転写したDNAをプラスミドに組み込んで腸内で増殖させる手法だけど、何故にワクチンだけ速攻(数時間)で完成したんやろか?コロナとやらの分離も出来ていないのに何故?誰かおせーて?🙄

こうやって1つ1つ組み立てて考えていくと、パンデミックもワクチンも矛盾だらけであることが分かる。しかし、大衆はこれを陰謀論と笑う。そして国やメディア、製薬会社、医療を信じて自ら淘汰の道を選ぶのである。それが今の超過死亡や病気だらけの状態に繋がっている。

本格的にワクチンの毒性が牙をむくのは、来年か再来年辺りからだろう。気付いた人は助かって欲しい。

 

 

11月23日


11月もあと1週間しかあらへんよ!時間の流れが早すぎる!😱

 

それはさておき、ある依頼を受けてそこそこ忙しく過ごしております。調べ事をしたり事務所に行って打ち合わせをしたり。相手に失礼がないようビジネスメールを書くのが大変に苦手な為、メールの作成だけで30分以上かかることもあります。

その合間を縫ってブログを書いているのですが、移転を繰り返して再出発から3ヵ月。ブログのアクセスもようやく少しずつ戻ってきたように感じます。ありがたや~。

 


当ブログは旧グーグルアナリティクス(現GA4)を導入しておりません。よって、はてなの無料簡易解析しかなく、訪問者のIPや詳細なリンク元などは分かりません。無収益化ブログ(単なる趣味ブログ)なので解析など要らない🐹

はてなの無料解析が1アクセスを1PVとしてカウントしているのか、1UUか、1SSか詳しくは不明です。今年6月まで運営していた前のはてなブログにはGA4を導入しておりましたが、GA4のほうがPV数が多くて、はてな解析のほうはアクセス数が遥かに少なくカウントされていました。

ということは、はてな解析はUUかSSでカウントしているのかもしれませんね。